渋谷駅に「カレーメシ」の店が誕生したワケ

「どん兵衛」「ラ王」に次ぐ日清の新店舗

また、東さんは「同じ場所でラ王のショップを展開していましたが、あの時はトッピングにぶ厚いチャーシューを用意しましたし、今回のカレーメシでも、さまざまなこだわりの食材を揃えています。私どもはショップの売上や利益を追求するのではなく、あくまで商品の新たな価値提供をする場所として運営をしています」と語る。

つまり、店舗単体での利益などではなく、山手線の渋谷駅ホームという毎日大勢の人々が目にする場所に店を構えているという点が重要なのだ。このため、東さんは「お陰様でカレーメシのショップは好評を頂き、行列の出来る店になりましたが、それでは一般的な飲食店チェーンのように、次は山手線の別の駅に出店するのかというと、それは考えにくいですね」という。

誰も手がけていないことにチャレンジを

今回お話を伺った東さん(左)、佐野さん(中央)、和田さん(右)(写真:筆者撮影)

商品の新たな価値をPRするというだけに、サービス精神も旺盛だ。佐野さんは「ラ王ショップでつけ麺をお出しした時は、価格は変えずに2玉の大盛り、3玉の特盛りというメニューも用意しました。当然、大盛り、特盛りは利益率が下がるわけですが、それでも構わないのです。つけ麺ならではのこういった楽しみ方もあるんだということを、お客様に体感して欲しいのです」と、ラ王ショップの際の工夫について語る。

そして「カレーメシについても、そういう風にお客様に楽しんで頂く機会を提供する、そして広告効果も高いということをトータルに勘案して出店しました」(佐野さん)という。ドリッパーを使うという一手間かけた食べ方を楽しめるショップの存在は、日ごろ直接ユーザーに食べ方を提案する機会の少ないインスタント食品の新たな味わいを知ってもらうための、一種のコミュニケーションのスペースともいえるだろう。

渋谷駅の新たな名物として人気を集めているDRIP CURRYMESHI TOKYO。手短に利益を上げることにとらわれず、まだ誰も手がけていないことにチャレンジすることがビジネスなのだと、お三方は異口同音に語ってくれた。それは誰からの指示で進めたことではない。きっとそれが社風なのだ、とも。そのようなマインドがあったからこそ、渋谷駅山手線ホームという場所に、一風変わった楽しいショップが生まれたのだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT