渋谷駅に「カレーメシ」の店が誕生したワケ

「どん兵衛」「ラ王」に次ぐ日清の新店舗

ドリッパーを使うという手の込んだ調理方法を採用した理由について、和田さんはこう語る。

「DRIP CURRYMESHI TOKYO」ではフレーバーのついたドリップしたお湯でカレーメシを提供している。まるでコーヒーを入れているようだ(写真:筆者撮影)

「ルゥでも、レトルトでもない『第3のカレー』として誕生したカレーメシが、これまでのレンジ調理から湯かけ調理へとリニューアルしたことを、今まで誰も手がけていなかったような方法でアピールしていきたい。お湯を使った調理方法で何が出来るのだろう。ドリッパーでフレーバーを付けたお湯でカレーメシを調理したら面白いのではないか?というコンセプトが社内でまとめられたのが出発点となりました」

相性のいい味を求めて試行錯誤

このような発想から生まれた「ドリッパーを使う」というアイデア。現在、店舗ではビーフ・シーフード・スパイシーチキンのカレーメシと、計7種のフレーバーが用意されているが、どのようなフレーバーがカレーメシに適しているのか、最初は手探りだった。

「肝心の味作りについては、開発チーム全員で40品目以上の食材を試食しました。当然試行錯誤がありまして、この食材を使えば美味しくなるだろうなと思えたものがカレーメシとの相性が悪かったというものがたくさんあります。例えば白湯(パイタン)スープがそれで、このスープはご存知のようにコクがあるのですが、カレーメシと合わせると、塩辛くなり過ぎてしまいました。検討を続けてゆくうちに、そもそもスープとして味が完結しているものはむしろカレーメシ向きではなく、香り付け、フレーバー系のものが合うことに気づいたのです」(和田さん)

単体では美味しいスープなども、カレーとの相性がいいとは限らないのだ。さらに、大きなポイントである「ドリッパーを使用する」点にも、思わぬハードルがあった。

「誰もがこれを使えば美味しくなるだろうと考えたのがミルクです。まろやかなミルクカレーは美味しそうだ、と。ところが粉末ミルクをドリッパーに通そうとすると、フィルターの目が詰まってしまうのです。これでは使えない。同様にジャムのようなものも駄目。意外なところではチョコレートも駄目でした。フィルターを通したお湯は、チョコレートの甘みも香りもない、無味無臭に近いものだったのですね」(和田さん)

次ページトッピングは認めない!ドリップへのこだわり
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT