ドラえもんと17世紀画家がコラボ?

名画と空想の化学反応!福田美蘭が面白い

17世紀オランダの画家レンブラントには、『パレットを持った自画像』という有名な作品がある。

レンブラントの後ろには、何だかよくわからない半円が2つ描かれている。円は彼の才能とか、完全性の象徴といった説もあるというが、「もし、この円がドラえもんの手だったら」と仮定して描かれたのが、『レンブラント―パレットを持った自画像』だ。

『レンブラント―パレットを持った自画像』
2002年 株式会社藤子・F・不二雄プロ蔵
©Fujiko-pro & Miran Fukuda 2002

自画像の画面からはみ出しているドラえもんの全体像を、現代の画家である福田美蘭が代わりに描いた。舌なめずりをするドラえもんは、ポケットから何を出そうとしているのか? 公開される機会の少ない作品だという。

東京都美術館で開催中の「福田美蘭展」は、このように日常の視点をスッとずらす面白さを味あわせてくれる。

次ページ休憩中のモナ・リザが「よっこらしょ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。