ドラえもんと17世紀画家がコラボ?

名画と空想の化学反応!福田美蘭が面白い

17世紀オランダの画家レンブラントには、『パレットを持った自画像』という有名な作品がある。

レンブラントの後ろには、何だかよくわからない半円が2つ描かれている。円は彼の才能とか、完全性の象徴といった説もあるというが、「もし、この円がドラえもんの手だったら」と仮定して描かれたのが、『レンブラント―パレットを持った自画像』だ。

『レンブラント―パレットを持った自画像』
2002年 株式会社藤子・F・不二雄プロ蔵
©Fujiko-pro & Miran Fukuda 2002

自画像の画面からはみ出しているドラえもんの全体像を、現代の画家である福田美蘭が代わりに描いた。舌なめずりをするドラえもんは、ポケットから何を出そうとしているのか? 公開される機会の少ない作品だという。

東京都美術館で開催中の「福田美蘭展」は、このように日常の視点をスッとずらす面白さを味あわせてくれる。

次ページ休憩中のモナ・リザが「よっこらしょ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT