ドラえもんと17世紀画家がコラボ?

名画と空想の化学反応!福田美蘭が面白い

17世紀オランダの画家レンブラントには、『パレットを持った自画像』という有名な作品がある。

レンブラントの後ろには、何だかよくわからない半円が2つ描かれている。円は彼の才能とか、完全性の象徴といった説もあるというが、「もし、この円がドラえもんの手だったら」と仮定して描かれたのが、『レンブラント―パレットを持った自画像』だ。

『レンブラント―パレットを持った自画像』
2002年 株式会社藤子・F・不二雄プロ蔵
©Fujiko-pro & Miran Fukuda 2002

自画像の画面からはみ出しているドラえもんの全体像を、現代の画家である福田美蘭が代わりに描いた。舌なめずりをするドラえもんは、ポケットから何を出そうとしているのか? 公開される機会の少ない作品だという。

東京都美術館で開催中の「福田美蘭展」は、このように日常の視点をスッとずらす面白さを味あわせてくれる。

次ページ休憩中のモナ・リザが「よっこらしょ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT