「メルセデスAMG」800馬力の超ド級マシン

ジュネーブで披露された「GT コンセプト」

これはまた、ボディから新開発したモデルとして、AMG SLS、AMG GTに続く3台目となる。

メルセデス・ベンツのチーフデザイナーであるゴードン・ワーグナーによるロードカーのスタイリングは、どれもボディサイドに2本の個性的なキャラクターラインをくっきりと描くものだったが、AMG GT コンセプトにはそれがない。

このコンセプトに先だって発表されたメルセデス・ベンツ Eクラス・クーペではキャラクターラインが1本だけに減らされていたことを思うと、キャラクター・ラインなしのAMG GTコンセプトはそのさらに一歩先を行くデザイン、と見ることができる。ちなみに量産モデルは今後2年以内には発売する予定である。

噂の4ドアGT現る──メルセデスAMG GT コンセプトがジュネーブで登場【その1】

AMGの50周年記念モデルはこれ1台で終わらない

楽しみなのは、AMGの50周年記念モデルはこれ1台で終わらないことだ。それどころか、これよりはるかに大きな話題を呼ぶに違いないニューモデルが今年のフランクフルトショーで発表する、と予告された。

プレスコンファレンスで短時間、紹介されたティーザー映像を見るかぎり、それはプロトタイプスポーツカーのような外観を持つロードゴーイングスポーツカーで、どうやらメルセデスAMGのF1用パワーユニットをハイブリッド・システムもろとも搭載、パワーは1000ps程度で価格は2億円ほどの限定モデルになるようだ。ハイパーAMGが、ハイパーカー戦線に参戦するわけだ。すごいことになってきた。

AMGの歴史は、1960年代後半にまで遡る。もともとメルセデスのエンジニアだったハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(A)とエバハルト・メルヒャー(M)が、ドイツ・シュトゥットゥガルト近郊のグローザスパッハ(G)にあるアウフレヒトの家でメルセデス・エンジンをレース用にチューンナップする作業に取り組んだのがスタートである。

彼らが手がけるエンジンはサーキットで次々と成功を収め、評判が評判を呼ぶ。そして、アウフレヒトとメルヒャーはメルセデスを退職すると1967年に新会社を設立する。これが現在に続くAMGの始まりとなった。

(文:大谷達也)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT