「AMG」最強モデルはいったい何がスゴいか

メルセデスがニュルで鍛えた「GT R」の実力

AMG グリーン ヘル マグノ

AMG伝統のワンマン ワンエンジン

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

メルセデス-AMGは、フラッグシップモデルAMG GTの最強バージョンを英国で行われたグッドウッド フェスティバル オブ スピードにおいて公開した。その名はAMG GT R。AMG伝統のワンマン ワンエンジン(ひとりのマイスターがエンジンの組み立てを最初から最後まで担当)の哲学によって造り出される4リッターV8ツインターボは、最高出力が430kW(585PS)に、最大トルクは700Nm(71.3kgm)にまで引き上げられている。

ヴィヴィットなグリーンのボディカラーは、特別に用意されたAMG GT Rのためのもの。その名はAMGグリーン ヘル マグノという。これは世界一厳しい公道を模したサーキットである、かのニュルブルクリンク北コースの別名「グリーンヘル」=緑の地獄を意味している。このGT Rがニュルブルクリンクで開発されたことに由来すると同時に、ニュルブルクリンクへの敬意を示したといえるだろう。

AMGはGT Rの開発テストをニュルブルクリンクで重ね、パフォーマンスを磨き上げてきた。エンジンはこれまでのモデルと同じ4リッターV8ツインターボだが、新型ターボチャージャーの採用や、よりコンパクトなウエストゲートアネロイドカプセル、先鋭化されたエンジンプログラムなどのソフトウェアのバージョンアップなどによってオーバー100PSのエクストラパワーが達成された。

エンジンスペックを比較すれば、これまでのラインナップは、340kW(462PS)の最高出力を持つ4リッターV8ツインターボのGTと、同じく4リッターV8ツインターボの最高出力を375kW(510PS)に高めたGT Sというふたつのグレードをラインナップ。今回登場したAMG GT Rは、その上を行く430kW(585PS)の最高出力を誇り、すなわち最強AMG GTとなるパワーを得たトップグレードとなる。ベースモデル比で90kW(123PS)をも向上させたそのパフォーマンスは、いかにもRの称号に相応しい。

次ページエンジン本体の効率まで
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT