フェラーリの中古価格があまり落ちないワケ

「業界の常識」が通用しない相場がつくられる

2009年発表のフェラーリ「458イタリア」。中古車サイトを見ると新車価格を上回る値段がつく車もある

数百万円、場合によって1000万円超を支払って手に入れた新車。走行距離や事故の有無、ボディーカラーなどにもよるが、一般的には購入後1年もすれば下取りや買い取りに出すときに付く値段は新車価格の半分以下になってしまい、その後も価値は下がり続ける車種がほとんどだ。それは原則として国産車、輸入車を問わない。

ところが、この中古車業界の「常識」が通用しないブランドがある。フェラーリである。いうまでもないイタリアのスーパーカーだ。あくまで取り扱いに長け、価値のわかる顧客のネットワークをしっかりと構えたスーパーカーの専門業者が介在していることを考慮したうえでの話となるものの、フェラーリは一般的な車と比べて、明らかに中古(下取り・買い取り)価格の低下が緩く、時には希少性から中古車の価格が新車を上回ることもある。

新車と同じ価格で買い取りもありうる?

会社経営者のAさんがビクビクしながら、初めてのフェラーリ、360モデナ(1999年発表 ベース価格約1700万円)を手に入れたのはもう10年も前のことだ。総支払い額は約2000万円。見得を張って全額現金で支払った。

順調だったAさんの会社が想像もつかないようなトラブルで畳まなくてはならなくなったのは、その1年後のことだった。仕事も忙しくフェラーリは眺めるだけだったから、走行距離は1000kmにも達していなかった。もちろん、そのクルマはすぐ涙を呑んで手放した。

Aさんに目を掛けていてくれていた取引先のオーナーは、何も言わず10年前にAさんがフェラーリの購入に支払った総額とほぼ同額で引き取ってくれた。「いつでも乗りに来いよ」という彼の言葉にAさんは思わず涙した。再起に向けてこの2000万円はAさんを助けてくれた。そしてもう一度フェラーリを手に入れることができるように死ぬ気で頑張った。

次ページAさんはその後、どうしたか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。