「AMG」最強モデルはいったい何がスゴいか

メルセデスがニュルで鍛えた「GT R」の実力

カーボン製アンダーカバーが40mm下に開くところ

GT Rに搭載された注目のアクティブエアマネジメントシステムは、そのネーミングからも分かるように、ボディにおける可動デバイスの積極的な採用を意味する。例えばRACEモード選択時に車速が80km/h以上に達すると、重量わずか2kgと軽量なフロントのカーボン製アンダーカバーが40mm下に開き、ボディ下部に流れ込む風量を増加。これは高速域での有効なヴェンチュリ効果をもたらし、250km/hで約40kgのダウンフォースを発生、フロントの接地性を大きく向上させるという。

アジリティを向上させる最先端の技術

シャシーでは、最大1.5度の後輪操舵を行なうアクティブリアホイールステアリングが注目の新技術だ。AMGモデルで初めて採用されたアクティブリアホイールステアリングは、バイワイヤ方式によってふたつの電気機械式アクチュエーターをコントロール。100km/hまでであれば、リアホイールはフロントホイールと逆方向にステアされ、日常の運転や駐車時などではより小回りが利くようになる。一方100km/h以上の速度では、フロントホイールと同じ方向にリアホイールが向き、レーンチェンジなどをクイックに行える。一般道では取り回しをよりイージーにし、スポーツ走行ではアジリティを向上させる最先端の技術で、ポルシェをはじめとするスポーツカーメーカーが今こぞって市販車に導入している注目のハイテクである。

レーシングカーAMG GT3をルーツに持つGT R

これらに加え、AMG GT3譲りとなるサーキット走行にマッチするAMGハイパフォーマンススポーツサスペンションを採用。ハードタイプのGT R専用リアスタビライザーのほか、9段階のセッティング可能なAMGトラクションコントロールなど、シャシーにはニュルブルクリンクで鍛え上げた特別なデバイスを惜しみなく導入している。

こうした専用装備やデザインを並べてみただけでも、このクルマがいかに特別な存在であるのかが分かる。レーシングカーAMG GT3をルーツに持ち、ニュルブルクリンクで徹底的にテストを行い開発された市販最強のAMG。それがGT Rであると理解できるはずだ。

次ページブラックカラーの10本スポーク
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT