「AMG」最強モデルはいったい何がスゴいか

メルセデスがニュルで鍛えた「GT R」の実力

小さな改良と改善の積み重ねで軽量化もされ、より俊敏なエンジンレスポンスに貢献する

新しいターボチャージャーによる過給圧は、GT比で0.15bar増加。従来の1.2barから1.35barに向上している。排気システムや圧縮比も最適化され、全体の燃焼プロセスやエンジン本体の効率までが大幅に見直された。さらにダブルマスフライホイールは、GT Sよりも0.7kg軽量化に成功。より俊敏なエンジンレスポンスに貢献するのだという。

こうした小さな改良と改善の積み重ねによって、AMG GT Rは、0-100km/h加速が3.6秒、最高速度は318km/hをマーク。同じV8エンジンを搭載するライバルスーパーカーや、仮想敵と言われているポルシェ911ターボとほぼ同等のスペックを手に入れたと紹介できるだろう。

しかし、進化したのはパワートレインだけではない。

動画で見るメルセデス-AMG GT R

メルセデス-AMG GT Rが登場──特別なボディカラーはニュルで鍛えた証

GT3カテゴリーを戦うレーシングマシン、AMG GT3譲りの縦格子デザインを持つフロントグリルの採用や、エアインテークを大型化したフロントバンパー、固定式のリアウィング、大型のリアディフューザー、リアフェンダー後端に位置するエアダクトの採用も、その進化したパフォーマンスがサーキット由来の特別なモデルであることをひと目で理解させる。

フロントフェイスのアイキャッチとなるGT3譲りのグリルにある15枚のクロームフィンは、AMG パナメリカーナ グリルと呼ばれるもので、これは歴史を遡れば1952年のメキシコで優勝した300SLがルーツになる。こうしたGT R専用のデザインや新しい空力デバイスは、新たなアクティブエアマネジメントシステムと同様に、高速域での安定性を向上させる重要な役割を担っている。

次ページボディ下部に流れ込む風量を変える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。