「AMG」最強モデルはいったい何がスゴいか

メルセデスがニュルで鍛えた「GT R」の実力

小さな改良と改善の積み重ねで軽量化もされ、より俊敏なエンジンレスポンスに貢献する

新しいターボチャージャーによる過給圧は、GT比で0.15bar増加。従来の1.2barから1.35barに向上している。排気システムや圧縮比も最適化され、全体の燃焼プロセスやエンジン本体の効率までが大幅に見直された。さらにダブルマスフライホイールは、GT Sよりも0.7kg軽量化に成功。より俊敏なエンジンレスポンスに貢献するのだという。

こうした小さな改良と改善の積み重ねによって、AMG GT Rは、0-100km/h加速が3.6秒、最高速度は318km/hをマーク。同じV8エンジンを搭載するライバルスーパーカーや、仮想敵と言われているポルシェ911ターボとほぼ同等のスペックを手に入れたと紹介できるだろう。

しかし、進化したのはパワートレインだけではない。

動画で見るメルセデス-AMG GT R

メルセデス-AMG GT Rが登場──特別なボディカラーはニュルで鍛えた証

GT3カテゴリーを戦うレーシングマシン、AMG GT3譲りの縦格子デザインを持つフロントグリルの採用や、エアインテークを大型化したフロントバンパー、固定式のリアウィング、大型のリアディフューザー、リアフェンダー後端に位置するエアダクトの採用も、その進化したパフォーマンスがサーキット由来の特別なモデルであることをひと目で理解させる。

フロントフェイスのアイキャッチとなるGT3譲りのグリルにある15枚のクロームフィンは、AMG パナメリカーナ グリルと呼ばれるもので、これは歴史を遡れば1952年のメキシコで優勝した300SLがルーツになる。こうしたGT R専用のデザインや新しい空力デバイスは、新たなアクティブエアマネジメントシステムと同様に、高速域での安定性を向上させる重要な役割を担っている。

次ページボディ下部に流れ込む風量を変える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング