輸入車王者ベンツ、快進撃の裏に潜む「不安」

国内外で過去最高台数でも「収益性」に懸念

2016年初めに日本発売されたSUV「GLCクラス」。売れ筋のセダン「Cクラス」のSUV版という触れ込みで投入された(撮影:今井康一)

ベンツの快進撃が止まらない。独高級車ブランドのメルセデス・ベンツは、2016年の日本での新車登録台数が前年比3.4%増の6万7000台となり、4年連続で過去最高の年間販売台数をたたき出した。3年連続で6万台を超え、外国メーカーでは2年連続トップだ。

ベンツブランドを展開する独ダイムラーの日本法人、メルセデス・ベンツ日本(MBJ)全体では、4ドア車を新たに投入して前年比4倍の台数を販売したコンパクト車「スマート」ブランドを合わせると7万1000台。同社として初めて7万台の大台に乗せた。

売れ筋小型車とSUVで販売増

売れ筋である「Cクラス」(436万円~)の安定した販売はもちろんのこと、「Aクラス」(298万円~)や「CLAクラス」(379万円~)など、ブランドの中では廉価な小型戦略車5車種も引き続き堅調で、新規顧客の獲得に貢献している。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、ベンツとスマート(写真)の両ブランドで快進撃を続けたい考えだ(記者撮影)

さらに「SUVイヤー」と銘打った2016年は「GLCクラス」や「GLSクラス」など、SUVのラインナップを拡充したことが台数の増加を支えた。1月25日の年頭記者会見に登壇したMBJの上野金太郎社長は「ブランド内の販売構成比率でSUVは数年前まで一ケタ%だったところ、2016年は20%を超えた」と手応えを語った。

グローバルでもベンツは勢いに乗っている。2016年のベンツブランドの世界販売台数は前年比11.3%増の208万台で、史上初めて200万台の大台を超えた。さらに独BMWを抜き、2004年以来12年ぶりに高級車セグメント首位に返り咲いた。ダイムラーのディ―ター・ツェッチェ会長は「2016年はメルセデス・ベンツ史上、最も成功を収めた1年だった」とコメントしている。

世界で順調に成長を続けるベンツだが、新車の販売現場は手放しでは喜べない事情がある。ベンツのあるディーラーは「(単価が比較的低い)小型車の販売比率が高まっている」として、収益性の悪化を懸念する。

次ページディーラーが待ち望む人気モデルとは
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT