「メルセデスAMG」800馬力の超ド級マシン

ジュネーブで披露された「GT コンセプト」

 

メルセデス・ベンツは3月7日、ジュネーブ・モーターショーでAMG創立50周年を記念した4ドア・ハイブリッドモデル、「メルセデスAMG GT コンセプト」を披露した。

AMG初のハイブリッドモデル

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

メルセデス・ベンツは、ジュネーブ・モーターショーのプレスデイ前日に一部のメディアを招いてプレビュー・イベントを実施したにもかかわらず、そのイベントでは秘匿され、翌日のショー本番ではじめてヴェールを外されたクルマが1台だけあった。それがメルセデスAMG GT コンセプトである。

「これだけはショー初日まで公開するわけにはいかない」と彼らがこだわった理由のひとつは、今年がAMG誕生50周年にあたる記念すべき年で、AMG GTコンセプトは、その記念事業の一環として開発されたモデルであることだ。2つ目は、それがAMG初のハイブリッドモデルであること。そして3つ目に、Eクラス クーペで提示されたメルセデスの新デザイン・コンセプトをさらに一歩推し進めたデザイン言語を用いる4ドア・クーペであること。いろいろな意味で、力が入っていたのである。

このAMGブランド初のハイブリッドモデルは、4リッターV8のツインターボエンジンを搭載し、電気モーターはリアを駆動する。しかも左右独立で駆動することによって、ホンダ NSXと同じようなトルクベクタリングを実現するという。エンジンとモーターをあわせたシステム出力はおよそ800ps、0-100㎞/h加速は3秒以下でこなすと同社は説明する。

次ページ新しいメルセデスのデザインを示唆
関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。