ベンツ「Gクラス」はいったい何がスゴいのか

3510万円!本格4WDの開発責任者に聞く

Gクラスの開発責任者であるグンナー・グーテンケ氏と、メルセデス・ベンツG550 4×4²(フォー・バイ・フォースクエアード)
実に22インチサイズとなる巨大なホイールと、最低地上高460mmという見上げるようにリフトアップされた高い車高は、まさにGクラスのフラッグシップに相応しく、モンスターとのネーミングがピッタリとはまるアピアランスである。メルセデス・ベンツG550 4×4²は如何にして生まれたか。日本発表イベントのために来日したGクラスの開発責任者に、同モデルの開発経緯と魅力を聞いた。

まさに原寸大のチョロQ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2015年のジュネーブ・ショーでワールドプレミアされたG550 4×4²(フォー・バイ・フォースクエアード)は、2014年に登場し、翌年日本でも発売された6輪オフローダーG63 AMG 6×6の弟分ともいえる存在である。ただし、G63 AMG 6×6が車名にAMGの名を冠することからも分かるようAMGのフラッグシップモデルあるのに対して、こちらはあくまでもGクラスのトップモデルという位置づけである。

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

その最たる理由は主にエンジンにある。G63 AMG 6×6が、最高出力400kW(544ps)、最大トルク760Nm(77.5kgm)を発生するAMG謹製となるV型8気筒5.5リッター直噴ツインターボエンジンに対して、こちらは最高出力310kW/421psの4リッターV8ツインターボのメルセデス製パワーユニット。AMG製ユニットの未採用がAMGを名乗らない直接の理由である。

ただし、G550 4×4²のエンジン、実はAMG GT やAMG C63にも搭載される4リッターV8ツインターボと基本的には同一。パワーこそG550 4×4²への搭載にあたり抑えられているが(AMG GT Sは375kW/510ps、AMG GTでは340kW/462psの出力)、このディチューン版AMGパワーユニットを搭載していることは、また別の意味で注目に値する。

次ページ何もかもがスペシャル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT