ベンツ「Gクラス」はいったい何がスゴいのか

3510万円!本格4WDの開発責任者に聞く

Gクラスの開発責任者であるグンナー・グーテンケ氏と、メルセデス・ベンツG550 4×4²(フォー・バイ・フォースクエアード)
実に22インチサイズとなる巨大なホイールと、最低地上高460mmという見上げるようにリフトアップされた高い車高は、まさにGクラスのフラッグシップに相応しく、モンスターとのネーミングがピッタリとはまるアピアランスである。メルセデス・ベンツG550 4×4²は如何にして生まれたか。日本発表イベントのために来日したGクラスの開発責任者に、同モデルの開発経緯と魅力を聞いた。

まさに原寸大のチョロQ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2015年のジュネーブ・ショーでワールドプレミアされたG550 4×4²(フォー・バイ・フォースクエアード)は、2014年に登場し、翌年日本でも発売された6輪オフローダーG63 AMG 6×6の弟分ともいえる存在である。ただし、G63 AMG 6×6が車名にAMGの名を冠することからも分かるようAMGのフラッグシップモデルあるのに対して、こちらはあくまでもGクラスのトップモデルという位置づけである。

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

その最たる理由は主にエンジンにある。G63 AMG 6×6が、最高出力400kW(544ps)、最大トルク760Nm(77.5kgm)を発生するAMG謹製となるV型8気筒5.5リッター直噴ツインターボエンジンに対して、こちらは最高出力310kW/421psの4リッターV8ツインターボのメルセデス製パワーユニット。AMG製ユニットの未採用がAMGを名乗らない直接の理由である。

ただし、G550 4×4²のエンジン、実はAMG GT やAMG C63にも搭載される4リッターV8ツインターボと基本的には同一。パワーこそG550 4×4²への搭載にあたり抑えられているが(AMG GT Sは375kW/510ps、AMG GTでは340kW/462psの出力)、このディチューン版AMGパワーユニットを搭載していることは、また別の意味で注目に値する。

次ページ何もかもがスペシャル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT