ベンツ「Gクラス」はいったい何がスゴいのか

3510万円!本格4WDの開発責任者に聞く

Gクラスの開発責任者であるグンナー・グーテンケ氏と、メルセデス・ベンツG550 4×4²(フォー・バイ・フォースクエアード)
実に22インチサイズとなる巨大なホイールと、最低地上高460mmという見上げるようにリフトアップされた高い車高は、まさにGクラスのフラッグシップに相応しく、モンスターとのネーミングがピッタリとはまるアピアランスである。メルセデス・ベンツG550 4×4²は如何にして生まれたか。日本発表イベントのために来日したGクラスの開発責任者に、同モデルの開発経緯と魅力を聞いた。

まさに原寸大のチョロQ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2015年のジュネーブ・ショーでワールドプレミアされたG550 4×4²(フォー・バイ・フォースクエアード)は、2014年に登場し、翌年日本でも発売された6輪オフローダーG63 AMG 6×6の弟分ともいえる存在である。ただし、G63 AMG 6×6が車名にAMGの名を冠することからも分かるようAMGのフラッグシップモデルあるのに対して、こちらはあくまでもGクラスのトップモデルという位置づけである。

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

その最たる理由は主にエンジンにある。G63 AMG 6×6が、最高出力400kW(544ps)、最大トルク760Nm(77.5kgm)を発生するAMG謹製となるV型8気筒5.5リッター直噴ツインターボエンジンに対して、こちらは最高出力310kW/421psの4リッターV8ツインターボのメルセデス製パワーユニット。AMG製ユニットの未採用がAMGを名乗らない直接の理由である。

ただし、G550 4×4²のエンジン、実はAMG GT やAMG C63にも搭載される4リッターV8ツインターボと基本的には同一。パワーこそG550 4×4²への搭載にあたり抑えられているが(AMG GT Sは375kW/510ps、AMG GTでは340kW/462psの出力)、このディチューン版AMGパワーユニットを搭載していることは、また別の意味で注目に値する。

次ページ何もかもがスペシャル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。