経営者と宗教者はなぜ”似ている”のか?

「経」の一文字が意味すること

「経」の一文字が意味すること

逆に住職という仕事は、「宗教者×経営者」という2つの重い役目を両立させなければならない難しい仕事です。皆からの期待に応える宗教者になるというのは、なかなか大変なことですし、お寺が社会の中で果たすべき役割をしっかり果たせるように導く経営者としての役割も大変です。

しかし私は、これらをそれぞれ突き詰めていくと、最終的には同じ道に統合されていくものだと思います。「経」という字、経営の経でもあり、お経の経でもありますが、もともとの意味は「縦糸。物事の道理」といった意味がありますが、物事の道理は道理であるかぎり、ひとつです。

あなたの会社のトップ経営者の姿に、宗教者を感じることはありますか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT