「有名だから本を出せる」という大きな勘違い

普通の人でも作家になれなくはない

このような状況下では、フツーの人が作家デビューするハードルは高くなる一方だ。

本を出せば、必ず読者をつかめそうな人でも、チャンスに恵まれないことのほうが多い。

実力があればいつか世間は認めるものだという譬(たと)えに「嚢中(のうちゅう)の錐(きり)は自ずから頭角を現す」ということわざがあるが、袋の皮は厚くなるばかりで、錐も頭角を出しようがないというのが現状である。

日は沈み、日はまた昇る

フツーの人にとっては不利なことばかりだが、わたしはそう長く不利な状況が続くとは思っていない。出版界が斜陽であることは紛れもない事実であるため、出版物がこの先に激増することはないだろう。フツーの人にとって、作家デビューのチャンスが急拡大することもない。しかし、それでもチャンスは巡ってくると考えている。

なぜなら、現在の大物・有名人のネーム頼みという状況は、そう長くは続かないからだ。同じ人が同じことを書いていれば、そのうち読者にあきられる。それが道理というものだ。

いまの出版界は、あまりにもひと握りの大物・有名人に頼りすぎている。

ビジネス書に限っていえば、大物・有名人の持ち歌、十八番は大体ひとつだ。新しいジャンルを開拓するという作家は、稀(まれ)中の稀である。社会の状況が変わってさえも、大物・有名人の主張は変わらないことが多い。

それでも、出版社は行列をつくって次々とオファーしてくる。いまがピークの作家本人にとってみれば、なんとも住み心地のよい環境であろう。しかし、盛者必衰は世の習いである。いまがピークの大物・有名人は、日が西に傾くようにして、やがて沈むことになる。それは時間の問題といってよい。大物・有名人たちが消えた後にだれが来るか。フツーの人の作家デビューは、そう遠い時期ではないとわたしは思っている。

アルファポリスビジネスの関連記事
ジョンソン・エンド・ジョンソンで学んだ経営の極意とは?
日本中に香りと幸せを広げる「魔法のしずく」を生み出す調香師 内山愛子氏インタビュー
大來尚順 訳せない日本語 「おもてなし」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT