「夢の印税生活」のそんなに甘くない現実

ビジネス書作家の多くは執筆のみで食えない

今回は印税について(写真 :sasaki106 / PIXTA)
ビジネス雑誌出版社、大手ビジネス書出版社での編集者を経て、現在はフリーの出版プロデューサー「ミスターX」がつづる連載「ビジネス書業界の裏話」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりその一部をお届けする。

印税の「印」は、実は印鑑の「印」

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

ビジネス書の作家は、その多くが別の仕事を持っているはずだ。ビジネス書で作家専門という人は、私はいままでお会いしたことがない。だいたい講演家、あるいは研修講師など、何らか別の仕事を持つ人がビジネス書の作家だと思う。

作家は、かたわらの仕事である。なぜならば、本を書いて得られる収入よりも、講演やセミナー講師のほうが稼ぎはいいからだ。作家という仕事は、世間が思っているほどには儲からない。

最近の講演料、研修講師料、コンサルティング・フィーがどの程度なのかは、現場を離れてしまっているので詳らかにはわからないが、私が講演料、講師料を支払う側にいたころは、1回あたりの金額のボリュームゾーンは10万~20万円だった。

ただし、私が支払う側にいたのは、1900年代までである。2000年代になってからは、社内での立場が変わったので、講演会、研修等には関わらなくなった。

そうして何年か経った後、旧知の研修講師の人に再会した折、講師料の相場について聞いたところ「Kさん(わたしの本名はXではないので)、いまはそんなにもらえないよ」と言っていた。

次ページ本の印税で稼ぐことは可能だが……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。