「夢の印税生活」のそんなに甘くない現実

ビジネス書作家の多くは執筆のみで食えない

今回は印税について(写真 :sasaki106 / PIXTA)
ビジネス雑誌出版社、大手ビジネス書出版社での編集者を経て、現在はフリーの出版プロデューサー「ミスターX」がつづる連載「ビジネス書業界の裏話」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりその一部をお届けする。

印税の「印」は、実は印鑑の「印」

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

ビジネス書の作家は、その多くが別の仕事を持っているはずだ。ビジネス書で作家専門という人は、私はいままでお会いしたことがない。だいたい講演家、あるいは研修講師など、何らか別の仕事を持つ人がビジネス書の作家だと思う。

作家は、かたわらの仕事である。なぜならば、本を書いて得られる収入よりも、講演やセミナー講師のほうが稼ぎはいいからだ。作家という仕事は、世間が思っているほどには儲からない。

最近の講演料、研修講師料、コンサルティング・フィーがどの程度なのかは、現場を離れてしまっているので詳らかにはわからないが、私が講演料、講師料を支払う側にいたころは、1回あたりの金額のボリュームゾーンは10万~20万円だった。

ただし、私が支払う側にいたのは、1900年代までである。2000年代になってからは、社内での立場が変わったので、講演会、研修等には関わらなくなった。

そうして何年か経った後、旧知の研修講師の人に再会した折、講師料の相場について聞いたところ「Kさん(わたしの本名はXではないので)、いまはそんなにもらえないよ」と言っていた。

次ページ本の印税で稼ぐことは可能だが……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT