西野亮廣「僕はこれで勉強が好きになった」

「学びを娯楽に変える」究極の方法は?

西野:4冊目の絵本をつくったとき、「おカネ」のことで感じたことがありました。

藤原:『えんとつ町のプペル』ですよね。たしか、分業制で作ったとか。

西野 亮廣(にしの あきひろ)/絵本作家。1980年、兵庫県生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、3冊の絵本執筆、ソロ・トーク・ライブや舞台の脚本執筆を手掛け、海外でも個展やライブ活動を行う。最新刊『えんとつ町のプペル』は25万部を超えるベストセラーになっている(撮影:今井康一)

西野:ええ。僕はずっとおカネに興味がなかったんですが、「好きなことで生きていこう」と決めたとき、おカネときちんと向き合わなければならない現実に気づいたんです。やりたいことがあっても、おカネがないとできないじゃないですか。

藤原:そこではじめて「クラウドファンディング」を知ったんですか。

西野:そうなんです。おカネときちんと向き合い、おカネの正体を把握することで、活動の幅が一気に広がりました。「面白い」ことの選択肢が増えることがわかったんですね。そこで、「なぜ学校でおカネの授業をできないのか」という疑問が湧いてきたんです。

藤原:それには、先ほど述べた「決まったカリキュラムの下に教えなければいけない」というルールに加えて、先生というのは「経済といちばん遠い人」がなっているという実態もあります。だから、「おカネの話」は不得意という現実もあるんです。

「正解」と「納得解」の両方を学ぶ場所が必要

【4】「正解のあること」しか教えない

藤原:つまり、いまの学校は「正解だけを教え続けている」のが現状なんです。しかし、「正解」を正しく運用すればやっていける時代は終わりつつあって、これからは「正解のない問題」が増えていくはずなんです。「正解」ではなく「自分なりの答え=納得解」を見つける力をつけることも、今後の学校教育では必要なことだと思うんです。

『えんとつ町のプペル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

西野:でも、「正解」を教えるのがいけないわけじゃないですよね。

藤原:そうですね。たとえば、外国人が日本に来たときに何に驚くかというと、時速300キロメートルの新幹線が分単位で正確に発着することだというんです。そんな国はほかにない、と。

西野:ほかで言ったら、値段の安いカジュアルなレストランでも別々の料理が同時に温かい状態で出てくるという感じですか?

藤原:そうそう。こうしたきまじめさが外国人を引き付けるわけです。そう考えると、「正解」と「納得解」が7対3ぐらいの割合になるようにするのが、いちばんいいんじゃないかと僕は思うんです。

西野:なるほど、たしかにその「きまじめさ」は日本の強みですね。そう考えると「7対3」ぐらいがよさそうですね。

(構成:高橋 扶美/佐藤 真由美)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT