目標達成しない人が軽視する「基本中の基本」

「個人目標」がないかぎり人は動かない

目標を達成させるためのポイントとは(撮影:尾形文繁)
「部下に仕事を任せても目標達成まで至らない」「後輩に指示を出しても、思うように動いてくれない」――こんな悩みを抱える上司・先輩は多いのではないでしょうか。ANAでは目標達成できる人材を育てるために、「教え方」を工夫しているといいます。『人もチームもすぐ動く ANAの教え方』の著者であるANAビジネスソリューションに、目標を達成させるためのポイントを聞きました。

 

「指示をしたらすぐやってほしいのに、後輩の動きが遅い」「毎朝のミーティングで、会社からの目標を伝えているのに、現場が実践してくれない」

ANAビジネスソリューションでは、研修先企業のマネジャーたちから、このような悩みを聞くことがあります。そのようなとき、必ず確認するのが「教える側が、会社の方針や上司からの業務指示を、そのままチームのメンバー、後輩に伝えてしまっていないでしょうか?」ということです。

「早急に売り上げを立て直そう!」「トラブルをゼロにしよう!」「メンバー一人ひとりが成長しよう!」

このような声かけは一見正しいようですが、受け手側の後輩からすると、自分が何をやったらいいのかがわからないため、行動に移せないことが多いのです。

一人ひとりの目標は「具体的に」

ANAのCAは、「自分の目標を立てる」習慣を、一便一便のフライトごとに繰り返しています。20年以上客室センターに在籍するCAで、ANAビジネスソリューション接遇マナー講師の申紅徳は言います。

「私たちの強みは、『このフライトをもっとよくしよう』という考え方を、全員が『自分ごと』としてとらえていることだと思います。新人からベテランまで『他の人がやってくれるだろう』などと考える人はいません。なぜなら、便ごとに『自分の目標』が明確に決まっているからです」

次ページ1便ごとに目標を決めている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。