「電気が使えない世界」を映画はどう描くのか

「サバイバルファミリー」矢口史靖監督に聞く

――お腹をこわしたら?

そのときは使わない(笑)。でも、こわさなかったので映画に反映させました。それから猫用の缶詰も食べましたし、食べられるといわれる雑草も食べました。そういうことを実践する取材でしたね。それから電力会社、ガス会社、水道局、さらに大学で教えている化学の先生などにも話を聞きました。

疑問に答えられるよう徹底的に調査

実際に電気が使えなくなるとどういった影響が出るか、綿密にリサーチしたという ©2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

――電気が使えないことでそれがガス、水道へと波及していくという描写は驚きでした。

やはりライフラインがどこまで止まるのだろうということが、いちばん興味深かったです。そこは家族が東京を離れる理由にもなる部分なので、詳しく話を聞いています。話すと長くなりますが(笑)、そもそもガス自体は止まらないそうです。ガスのマイコンメーターは電池式で、地震のときに揺れたらガスをシャットアウトするという機能が付いています。しかし、メーターの電池は切れる前に必ず交換をするものなので、ガス会社の人も電池が機能しなくなったときどうなるかは「私たちもわからない」というのが答えでした。

でも、なぜ劇中でガスを止めたかというと、ガス会社の人たちが、「今回の映画の設定だったら大元の栓を止めに行きます」と言ったからです。たとえば高層マンションの場合、各家庭にメーターが付いていますが、その元栓は電気式です。もしそれが使えなくなると、ガスは空気より軽いので、高いところにたまってしまう。下の階層ほどガスが使えなくなる一方、上の階層の人がガスコンロを開いたときにはすごい勢いでガスが出て、火事になる可能性がある。

ガス会社の人も「そういう事故がないようにいちばんの大元を全部閉めに行きます」と。それを細かく描写すると長くなるので、映画の中には具体的には出していません。でもそういうような、いちいち全部どうなるのだろう?ということを突き詰めていって、漏れがないように調査はかなりやりました。

――『ハッピーフライト』では、空港にいる鳥を銃で追い払うバードパトロールの人が物語のキーマンになっていました。取材では、そういった物語に使えそうなエピソードを探し求めるということはあるのでしょうか。

今回の作品は誰も体験したことがないので、聞ける相手はいません。どちらかというと、観客に「あれはあんなふうになるわけがないだろ」と言われたら、「それはこうだから」と答えられるように気をつけました。撮影のときにも、俳優さんやスタッフに、「脚本書いたのは監督だよね、なぜこうなるの?」と尋ねられたら、「これはこういう理由だから」と答えられるようにしている。モジモジしていたら現場は進まない。リアルをちゃんと知っておきたいので、その都度調査をしています。

次ページ調査をしていくうちに発見がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT