「モバイルバッテリー」は、これから不足する

「アンカー」が直面する危機とは?

「2012年秋にアンカーを見つけた頃、世界中でまだ“モバイルバッテリー”というカテゴリーや言葉は統一されていませんでした。しかしその後1~2年の間に一気に広がり、われわれの生活に欠かせないものになりました。

バッテリーの基礎技術は、小型化と大容量化ですが、同じサイズで密度が高まるのは、せいぜい年間10%程度しか期待できません。そうした中で、モバイルバッテリーからの充電は、スマートフォンからスマートウォッチ、デジタルカメラ、そして最近ではノートパソコンに至るまで、身の回りのあらゆるものがモバイルバッテリーによる充電の対象になりました。

このままでは、大容量で重たいバッテリーを持ち運ぶ未来になってしまいます。たとえば自家発電や、ほかのファクター(要因)がなければ、改善の見込みがないのです。そこに、可能性があります」(井戸氏)

街中で満充電のバッテリーと交換できる仕組み

アンカーで日本代表を務める井戸義経氏

アンカーでは、米国シアトルと中国で、バッテリーのレンタルサービスをテストしている。街中で、手元のカラになりそうなバッテリーと、満充電のバッテリーを交換できる仕組みだ。まだうまく行っているわけではないが、「日本で展開したほうが素早く成長するかも」と期待を寄せる。

モバイルバッテリーとコネクテッドデバイスを手掛けるアンカー。その交点にあるわれわれの未来の生活は、どのようにデザインされていくのだろうか。効率化や最適化、省資源、そして、スマホのバッテリーのことを気遣わないで済む未来に期待したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT