「モバイルバッテリー」は、これから不足する

「アンカー」が直面する危機とは?

「2012年秋にアンカーを見つけた頃、世界中でまだ“モバイルバッテリー”というカテゴリーや言葉は統一されていませんでした。しかしその後1~2年の間に一気に広がり、われわれの生活に欠かせないものになりました。

バッテリーの基礎技術は、小型化と大容量化ですが、同じサイズで密度が高まるのは、せいぜい年間10%程度しか期待できません。そうした中で、モバイルバッテリーからの充電は、スマートフォンからスマートウォッチ、デジタルカメラ、そして最近ではノートパソコンに至るまで、身の回りのあらゆるものがモバイルバッテリーによる充電の対象になりました。

このままでは、大容量で重たいバッテリーを持ち運ぶ未来になってしまいます。たとえば自家発電や、ほかのファクター(要因)がなければ、改善の見込みがないのです。そこに、可能性があります」(井戸氏)

街中で満充電のバッテリーと交換できる仕組み

アンカーで日本代表を務める井戸義経氏

アンカーでは、米国シアトルと中国で、バッテリーのレンタルサービスをテストしている。街中で、手元のカラになりそうなバッテリーと、満充電のバッテリーを交換できる仕組みだ。まだうまく行っているわけではないが、「日本で展開したほうが素早く成長するかも」と期待を寄せる。

モバイルバッテリーとコネクテッドデバイスを手掛けるアンカー。その交点にあるわれわれの未来の生活は、どのようにデザインされていくのだろうか。効率化や最適化、省資源、そして、スマホのバッテリーのことを気遣わないで済む未来に期待したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。