弁護士業界の最強集団”ブル弁”の生態とは?

ヴェールに包まれたその“稼ぎ”は?

多くの人から尊敬とあこがれのまなざしで見られる弁護士。彼らの胸元に鎮座する金メッキが剥げ落ちたいぶし銀の弁護士バッジは、まさにその象徴だ。
だが、彼らのキャリアパスについてはあまり知られていない。今や弁護士と一口に、括れぬほど、彼らの活動内容や収入などのキャリアパスはマチマチだ。もはや同じ弁護士でも“別業種”といってよいほどに。そのうえ、細分化されたコミュニティは閉鎖的で、どのような活動をしているか、一般からは見えにくい。
“ブル弁”“ノキ弁”“イソ弁”などの言葉があるように、弁護士業界は多士済々。この連載では「弁護士という民族」に迫る。第1回目は弁護士業界内でも高い人気を誇る「ブル弁」の生態を調べた。

一口に弁護士と言っても、その属性は実にさまざまだ。普段、手掛けている業務で言えば、大企業相手にM&Aや国際商取引、特許訴訟などで高額の報酬を受け取っている弁護士、いわゆる「ブル弁」(ブルジョワ弁護士の略)もいれば、中小企業が日常的に直面する法律問題の対応をしたり、あるいは個人相手に離婚や借金の解決などに当たっている弁護士、いわゆる「マチ弁」もいる。

日本で活動する弁護士の人数は約3万2000人(出典:弁護士白書2012年版)。このうち、100人超の大規模事務所に所属している弁護士は全体の6%強しかいない。50人超の事務所所属の弁護士を足しても約7.5%。

画像を拡大
(出典:弁護士白書2012年版)

一方、5人以下の事務所に所属する弁護士は全体の6割を超えている。特に1人事務所の弁護士は全体の4分の1を占める。これでもこの10年で大きく後退していて、10年前は実に45%が1人事務所だった。

大事務所は東京、大阪に集中しているので、地方はまだまだ1人事務所が主流で、大都市圏と地方とでは、弁護士を取り巻く環境も、弁護士自身の属性の違いも大きい。

次ページあこがれの象徴・ブル弁の世界
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT