エリート教育とおカネ

グローバル時代に勝ち残れ!

2012年。国内屈指の難関校である開成高校の生徒が同校初の「ハーバード・ブック・プライズ」を受賞した。これは米ハーバード大学の卒業生会であるハーバードクラブが、世界の優秀な高校生に本を贈呈する名誉ある賞だ。東京大学に例年200人近くを送り、140年の歴史を誇る開成でも、これまでもらったことがなかった。

が、その開成よりも早い10年に、同賞を授与された学校がある。渋谷教育学園だ。中でも幕張校(渋幕(しぶまく))は近年急成長している進学校の一つ。13年の東大合格者数は61人に達し、09年の28人から倍以上と、飛躍的に実績を伸ばしている。

東大合格者数では開成に劣る渋幕だが、海外トップ大学になると、むしろリードしている。13年は米国のハーバードやプリンストン、エール、ジョージア工科大学など、計45人を現役合格させた。特に優秀なある女子生徒は、東大とプリンストン大に両方合格し、後者を選択。こう言い放ったという。

「東大は勉強すれば入れるけど、プリンストンは勉強しても入れないから」──。

次ページ「中高一貫校」人気の背景
関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。