エリート教育とおカネ

グローバル時代に勝ち残れ!

2012年。国内屈指の難関校である開成高校の生徒が同校初の「ハーバード・ブック・プライズ」を受賞した。これは米ハーバード大学の卒業生会であるハーバードクラブが、世界の優秀な高校生に本を贈呈する名誉ある賞だ。東京大学に例年200人近くを送り、140年の歴史を誇る開成でも、これまでもらったことがなかった。

が、その開成よりも早い10年に、同賞を授与された学校がある。渋谷教育学園だ。中でも幕張校(渋幕(しぶまく))は近年急成長している進学校の一つ。13年の東大合格者数は61人に達し、09年の28人から倍以上と、飛躍的に実績を伸ばしている。

東大合格者数では開成に劣る渋幕だが、海外トップ大学になると、むしろリードしている。13年は米国のハーバードやプリンストン、エール、ジョージア工科大学など、計45人を現役合格させた。特に優秀なある女子生徒は、東大とプリンストン大に両方合格し、後者を選択。こう言い放ったという。

「東大は勉強すれば入れるけど、プリンストンは勉強しても入れないから」──。

次ページ「中高一貫校」人気の背景
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。