エリート教育とおカネ

グローバル時代に勝ち残れ!

国公私立に海外大学まで 賢い教育投資を心掛けよ

たとえば高校まですべて公立に通うと504万円だが、オール私立なら1702万円。特に“お受験”で有名私立小学校に行くと、公立との差がハネ上がる。大学では国立は243万円で済むが、私立医歯系ならば2315万円と、差は10倍近い。

同じ国内でもインターナショナルスクールに行く手もある。帰国子女は語学力を発揮するのに最適だろう。国際バカロレア(IB)など海外難関大学に入る資格を取得できる学校も多い。ただし費用は高め。幼稚園から高校までインターを選ぶと、2775万円も必要になる。

いずれにしても選択肢は多様だ。かつての開成→東大→財務省のような、約束された黄金ルートはもう存在しない。「海外の大学を含め、選択肢はいろいろあるが、確立された道がない。どの親もまだ試行錯誤している」。自分の長男を最難関の国立小学校に入れた、牧田幸裕・信州大学大学院准教授は解説する。

グローバル時代に勝ち残るため、最大の効果を上げる投資とは何か。2013年7月6日号の週刊東洋経済では、幼児の英才教育から中高一貫校まで、教育現場の新しい姿に迫った。これもグローバル時代の現実のありようである。

(※詳細は2013年7月6日号の週刊東洋経済をお読みください)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT