「仕事一筋」パパが妻を亡くして直面したこと

「育児は母」前提の社会が父子家庭を苦しめる

そうして2人の生活が軌道に乗り始め、娘が高校3年生になったとき、思わぬ事態に直面しました。離婚した妻が亡くなったのです。理由は、餓死という信じがたいものでした。ショックを受けた浩志さんは、自暴自棄になって貯金を使い果たしてしまいました。「おカネがなくなっても死ねばいい、くらいに思っていたんです」(同)。

そんな状態の浩志さんを現実に引き戻してくれたのは、娘さんでした。「娘が有名美大の推薦枠に合格し、『この子を大学にいかせねば!』と、ハッとしたんです。自分はどうなってもいいが、娘には将来があります。そこで、自分から営業をかけて、ライターとして必死に働き始めました。『娘を大学に行かせねばならない。だから仕事をください』と頭を下げ続けると、仕事が舞い込んできました」(同)。

こうして必死に育て上げた娘さんは、無事に大学を卒業。今では結婚もしています。子育てを終えた浩志さんが今、これまでを振り返って感じることとは。

「父親だって、子どもを育てられると主張したい」

「自分ではわかりませんが、世間から見るとわが家はうまくいっているようです。それは、自分が時間の融通が利く自営業だったからかもしれません。家庭裁判所の判決では悔しい思いをしましたが、父親だって、育児環境や働き方さえ確立すれば、子どもは十分に育てられる、ということを主張したいです」(同)。

今回の取材を終えてわかったのは、「育児は母親、仕事は父親」という固定観念が、シングルファザーにとって大きな壁になっているということです。冒頭で述べたように、「ひとり親」という言葉からイメージされるのは、あくまでシングルマザーで、その数が多いのも事実です。

それまでどんなに仕事一筋だった父親でも、ひとり親になることで「子ども優先」の生活に切り替えて、四苦八苦しながら家事や育児に力を注ぎます。

しかし、学校行事やPTAなどの活動は、あくまでフルタイムで働いていない母親の参加を前提にしたものが少なくありません。父子家庭の場合に限らず、共働きの家庭も増えてきた今、そろそろこうした子育てモデルから卒業することが必要なのかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。