デジタルとアナログの対立はもう意味がない

2017年以降に流行る新しい商品・サービス

4.デジタルの創造性

前述の異経験とはいっても、あくまで視覚情報、聴覚情報であって、リアルには程遠い。そう感想を持たれたかたもいるだろう。バーチャル店舗といっても、いきのいい魚を買うなら市場にいって現物を見たほうがいい。リアル店舗は、その「リアル」で五感に訴える。

 

創造性を授けてくれる可能性も

実際にVRの進化とともに、逆説的にリアルの価値も高まっている。現実的に有名映画の舞台やモチーフとなった場所に「聖地巡礼」する流行が続いている。それは、デジタルに飲み込まれる恐怖もあるかもしれない。これ以降、VRをさらにリアルに近づけるべく各社はしのぎを削っていくだろう。

ただ、その恐怖の一方で、デジタルはある種の創造性を授けてくれるかもしれない。たとえば、レンブラント・プロジェクトを見てみよう。レンブラントとは17世紀のオランダの画家だ。このプロジェクトでは、これまでのレンブラントの作品を使って、その傾向を分析。新たにレンブラントが描くであろう絵画を「描き」あげてしまった。実際にビデオを見ると、レンブラントの筆タッチを再現するために使われたのは、なんと3Dプリンターだ(!)。

デジタルが現物というアナログに化ける。そして人々が感動したとき、デジタルとアナログという二項対立はもう意味がない。これが冒頭の提起とつながっている。

デジタルが飲み込む人間のあり方。そして商品やサービスのあり方。いくつかの例をあげていった。まあ私は早く、私の代わりに原稿を書いてくれないかと思うんだけれど。ああ、そのときは私に原稿料など支払われないに違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT