デジタルとアナログの対立はもう意味がない

2017年以降に流行る新しい商品・サービス

デジタルが現物というアナログに化けるケースも出始めています(写真:chombosan / PIXTA)

デジタルとアナログ。

近年では、この二項対立を語ることは、もはや遺物となりつつある。たとえば、「ポケモンGO」は現実社会をゲームで拡張させた。これはすでにバズワードの拡張現実(AR=Augmented Reality)の技術を使ったものだ。プレイステーションVRは、文字どおりバーチャルリアリティ(VR)で、ゲーム空間と現実の境界をあいまいにさせた。

デジタルカメラはもう1億画素の世界に突入した。これは人間の能力を遥かに超えたデータ量を1枚の写真が持つことを意味する。デジタルとアナログの対立ではなく、デジタルはアナログを飲み込み、消費や文化を浸潤しようとしている。そうすると、デジタルの中で人間が生きていくことになる。

最新テクノロジーを生かしたサービス

善悪の判断は置いておいて、確かに次世代を感じさせる商品やサービスが出てきている。最新テクノロジーを生かして2017年以降にトレンドとなりそうな商品やサービスを紹介しよう。

1.デジタル人間管理

スマートフォン、スマートファクトリーの次は、スマート衣料だ。たとえば、グーグルはProject Jacquardを開始している。これは衣料にセンサーを編み、衣料の接触で各種のデバイスを操作しようとするものだ。そしてこの繊維に編み込まれるセンサーは、将来的には各ユーザーの健康状態も管理するようになり、デジタル健康管理が実現していく。あるいは、衣料の形をとらないかもしれない。フィッザニアは体を使ったゲームで健康検査を行う。ゲームに没頭しているうちに、ユーザーの体の動きを察知し、ユーザーが意識せずとも分析してくれる。

次ページ国民の管理にも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT