福岡「親不孝通り」の喫茶店が40年続く理由

カフェチェーンの激戦地で提供する「価値」

「屋根裏 貘」を40年間営んできた小田満さん(左)と妻律子さん。「開店時、20歳だった学生は、もう還暦なんだよね」

夫婦が紡いできた人と人との“絆”の証

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

カフェチェーンが立ち並ぶ激戦地、福岡市・天神。その北部の「親富孝通り」で、40年続く喫茶店がある。「屋根裏 貘(ばく)」。オーナーの小田満さん(76)と妻律子さん(68)が、細々と営む昔ながらの店だ。開店当時、予備校の学生たちであふれた界隈も、今ではすっかりにぎわいが薄れてしまったが、店を訪れる客は後を絶たない。それは、夫婦が紡いできた人と人との“絆”の証だ。

通りは1970年代、近くの予備校に通う浪人生が多く歩いていたことから、「親不孝通り」と呼ばれた。予備校生ら若者目当ての飲食店が軒を連ね、80年代半ばにはディスコ、90年代にはライブハウスもできた。しかし、2000年代に入ると予備校も既に閉校して通りは衰退。愛称も地元では「親富孝通り」に改称されたが、元に戻すべきだという議論も起きている。

エアロスミスのアルバムジャケットから着想した「宝箱」(手前)や、時間が止まった時計など、独特の雰囲気が漂う店内

小田さん夫婦が店をオープンしたのは、ちょうど40年前、1976年12月24日のクリスマスイブだった。小さなビルの2階で、店舗面積は60平方メートル弱。狭い階段を上がると、細長のスペースにカウンター席とホール席がある。むき出しの梁(はり)や低い天井は店名通り、「屋根裏」のたたずまいを感じさせる。

ホールには宝箱を思わせる大きな木箱や古いピアノがあり、11時を差したまま止まった時計が薄明かりに淡く映えている。BGMは壁に染み込むようなジャズ。まるで店全体が骨董(こっとう)品のようで、その落ち着いた「昭和の薫り」が常連客に愛されている。

次ページ表現者は1000人、来場者40万人超
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。