「上島珈琲店」は普通のカフェと何が違うのか

コーヒーブームの中で狙う独自の価値とは?

東京・上野の東京国立博物館内にある、上島珈琲店黒田記念館店

ブルーボトルコーヒーの上陸に始まるシングルオリジンブームを経て、「コーヒービーン&ティーリーフ」の日本上陸、スターバックスの紅茶ブランド「STARBUCKS TEAVANA」のオープンなど、多様化が進むカフェチェーン。一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会の統計・動向調査を見ても、喫茶店を含むコーヒーショップは、ここ数年で売り上げ・店舗数ともに微増のラインをたどっている。コンビニコーヒー、海外チェーン参入など話題も豊富で、全体として活況と言うことができるだろう。

ここに、国内チェーンで名前はよく知られているにもかかわらず、今ひとつわかりにくい、ミステリアスな存在がある。東京都内の一等地や有名施設内に展開している「上島珈琲店」だ。

同社のホームページを見ると、「どら焼き&大福」「抹茶生姜ミルク」「はちみつミルク珈琲」などなど、何やら“攻め”の品ぞろえ。現在は売られていないが、夏季限定商品である「宇治抹茶かき氷」も話題になった。

スタバの甘めのデザート飲料「フラペチーノ」が人気化したこともあり、最近人気のカフェチェーンで特徴的なのが、スイーツやコーヒー以外のドリンクに力を入れている点。上島珈琲店ではどのようなスイーツ、ドリンク戦略を立てているのだろうか。

上島珈琲店のほか「珈琲館」も

まず、基礎部分から確認しておこう。

上島珈琲店はUCCホールディングスの擁するコーヒーチェーンのひとつ。UCCホールディングスは独自の農園を有し、原料を苗木から育てるほか、コーヒーなどの業務用サービス事業や外食事業、コーヒーマシン事業など、“カップから農園まで”、コーヒーにかかわる事業を包括するグループ会社である。2012年には大手ユナイテッドコーヒー(現UCCヨーロッパ)を買収し、グローバル展開も進めている。外食事業では、レジで注文して商品を受け取るセルフサービスの上島珈琲店のほか、席で注文を取るフルサービスの「珈琲館」なども持つ。

グループ内で外食事業を担うユーシーシーフードサービスシステムは、上島珈琲店約110店舗、珈琲館約300店舗など、約650店の喫茶店業態を展開する。店舗数としては、1000店を軽く超えるドトールコーヒー(星乃珈琲店などを含む)、スターバックスコーヒーが2強といえる。それに続くのがコメダ、続く4位をタリーズコーヒーと争っているのがUCCグループだ。地味ではあるが大手の一角なのだ。

次ページどのような歴史なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。