「上島珈琲店」は普通のカフェと何が違うのか

コーヒーブームの中で狙う独自の価値とは?

「上島珈琲店は、個人経営の喫茶店が衰退する中、"古きよき喫茶店文化を継承しつつ、新しい価値をつくる"というコンセプトのもと、2003年にスタートしました」(UCCフードサービスシステムズ上島珈琲店営業部の橋本吉紀次長)

同店の特徴は、ネルドリップによる抽出。特許取得した独自のネルドリップマシンは、街の喫茶店のマスターが1杯ずつ丁寧に入れるコーヒーの味わいを目指したものだ。

ブランドとしてのターゲットは「こだわりのあるアクティブシニア男性」。日本の喫茶文化を踏襲した和風モダンのインテリアを採用し、静かにジャズが流れる落ち着きのある空間を形成している。カップや椅子などには柳宗理氏のデザインが用いられている。

ただ、実際に利用しているのは30~40代の女性が多いそうだ。これは、商業施設50%、オフィス街30%、住宅・ターミナル20%という出店傾向にも関係がある。

品ぞろえは他チェーンに比べれば少ないものの、季節限定のスイーツやドリンクなどにも力を入れている。そして、その注力度合いには並々ならぬものがある。筆頭が、数量限定の「日本蜜蜂のはちみつミルク珈琲」(Mサイズ700円)だ。定番商品のミルク珈琲は、ダブルネルドリップで淹れたクリアで濃厚な味のコーヒーに、ミルクを加えたもの。これに季節の素材を添えた商品が季節商品の柱となっている。

「日本蜜蜂のはちみつミルク珈琲」は毎年、秋から冬にかけて発売され、今年で7年目になる人気の商品だ。紀州和歌山で養蜂される日本蜜蜂のはちみつは、年に1度しか取れないうえ、量も少ないため非常に稀少。流通しているはちみつの1%程度で、ほとんど一般に出回らないそのはちみつを、養蜂農家と直接契約して買い上げ、季節限定商品に投入しているのだという。

「“百花蜜”と言って、さまざまな花から取れる蜜です。さらに、量が少ないので複数の養蜂家の蜜をブレンドします。そのブレンド具合も、コーヒーの味を引き立てる香りや味わいになるよう、当社の注文に合わせてもらっています」(商品企画部 丸田文氏)

稀少で高級な素材を用いるため、原価が高い

「鹿の子バタどら」(280円)

「鹿の子バタどら」(280円)は、国産小麦を原料とした生地に、十勝産小豆の粒あん、鹿の子豆を挟んだもの。バターを加え洋風の香りを添えている点が上島珈琲ならではの工夫だ。なお、このバターも国産と、素材にこだわっている。

このように稀少で高級な素材を用いるため、原価がかなり高くつき、季節商品については「一般的な原価より10%ぐらい高いものもある」(橋本次長)という。

次ページキッチンでのひと手間とは?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。