カップヌードル「謎肉」、3日で売り切れの謎

「10倍量の味付け豚ミンチ」が人気沸騰

「カップヌードルビッグ“謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」が3日間で売り切れた

「カップヌードルビッグ“謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」(205円、税別)が、9月12日の発売からわずか3日間で売り切れた。

発売した日清食品からは、9月15日の時点で「一時販売休止のお知らせ」が公式発表されている。説明によると、販売状況が当初の計画を大幅に上回り、供給量を十分に確保できなくなったとのことだ。

通常の10倍量の味付け豚ミンチ

日清食品では、カップヌードル誕生45周年を記念し、バースデーである9月18日に近い9月12日に、通常の「カップヌードルビッグ」の10倍量の味付け豚ミンチが入った商品を発売した。価格は通常のヌードルビッグと同じ205円だ。

肉の量が多い分、スープに染み出てくるうまみも多く、さらにペッパーでアクセントを加えている。そんなに肉が多くて味のバランスは大丈夫なのか、という疑問も湧くが、ファンにはたまらない味なのかもしれない。

そもそも、“謎肉(なぞにく)”というあやしい商品名はどこから来ているのだろうか。“謎肉”とは、れっきとしたカップヌードルの具のひとつで、原材料名「味付け豚ミンチ」のこと。もともとは、カップヌードルのファンなどがネット上で使っていた愛称。キューブ状に成形されているところから、一見して何なのかわからない。「何の肉なんだろう?」という素朴な疑問が、このネーミングにつながった。

次ページなぜそれほど売れたのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT