「ウマミバーガー」日本上陸が遅れている理由

日本語がルーツの米国発グルメバーガー

昆布や醤油、干しシイタケなど「うま味」のある食材を用いた「ウマミバーガー」

ロサンゼルスのハンバーガーレストラン「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」の日本上陸が決定した。6月15日にリリースが発表されて以来、ハンバーガーチェーンをはじめとする飲食店業界の間で話題となっている。

ウマミバーガーは2009年にオープンし、現在25店舗を構える、米国で人気の高いレストランチェーンだ。今回の日本上陸は海外展開として初めてとなる。

特徴は、高級ステーキ店で提供するのと同じ、品質の高い肉を素材に、昆布や醤油、干しシイタケなどうま味のある食材を複数用いた、独自の味わい。店名の「ウマミ」は、「第5の味覚」と呼ばれるうま味のことで、もちろん日本語がルーツだ。このことも、海外1号として日本が選ばれた大きな理由となっている。

日本では飲食経験のない会社と提携

日本での運営を担うのはメディロスホールディングス。欧米の宝飾品や眼鏡といったファッションブランドを輸入、販売してきた会社だ。ウマミバーガーのような米国でも有名なハンバーガーレストランが、なぜ、飲食の経験のない会社と提携するのだろうか。

「私自身は、異業種に参入するなら、第1号としてぜひウマミバーガーをやりたいと考えていました。また、ウマミバーガーのほうでも、海外1店舗目は自らのルーツである日本と決めていたようです。それで、今回の契約が実現しました」(スティーブン・メディロス社長)

次ページどのようにアプローチしたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。