「ウマミバーガー」日本上陸が遅れている理由

日本語がルーツの米国発グルメバーガー

昆布や醤油、干しシイタケなど「うま味」のある食材を用いた「ウマミバーガー」

ロサンゼルスのハンバーガーレストラン「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」の日本上陸が決定した。6月15日にリリースが発表されて以来、ハンバーガーチェーンをはじめとする飲食店業界の間で話題となっている。

ウマミバーガーは2009年にオープンし、現在25店舗を構える、米国で人気の高いレストランチェーンだ。今回の日本上陸は海外展開として初めてとなる。

特徴は、高級ステーキ店で提供するのと同じ、品質の高い肉を素材に、昆布や醤油、干しシイタケなどうま味のある食材を複数用いた、独自の味わい。店名の「ウマミ」は、「第5の味覚」と呼ばれるうま味のことで、もちろん日本語がルーツだ。このことも、海外1号として日本が選ばれた大きな理由となっている。

日本では飲食経験のない会社と提携

日本での運営を担うのはメディロスホールディングス。欧米の宝飾品や眼鏡といったファッションブランドを輸入、販売してきた会社だ。ウマミバーガーのような米国でも有名なハンバーガーレストランが、なぜ、飲食の経験のない会社と提携するのだろうか。

「私自身は、異業種に参入するなら、第1号としてぜひウマミバーガーをやりたいと考えていました。また、ウマミバーガーのほうでも、海外1店舗目は自らのルーツである日本と決めていたようです。それで、今回の契約が実現しました」(スティーブン・メディロス社長)

次ページどのようにアプローチしたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT