「土間土間」バーガーは"非常識の塊"だった

居酒屋ハンバーガーは3種セットで690円!

ハンバーガー、ロブスターバーガー、ローストポークのフォカッチャバーガーのセットは、6月30日までの期間限定

シェイクシャックの上陸をひとつのきっかけに、グルメバーガーブームが再燃している。「ちょい飲み需要」を受けたファストフード店のアルコール戦略とも相まって、ハンバーガー×アルコールが新たなスタイルとして流行しているようだ。

そんな中、居酒屋チェーンの「土間土間」が、期間限定の「バルバーガー」の提供を開始した。バルバーガーとはバル、つまり居酒屋のバーガー。直径7センチの小ぶりなハンバーガー、ロブスターバーガー、ローストポークのフォッカッチャバーガーと、3つの味を楽しめるメニューだ。各店舗1日限定10食を用意している。なぜ居酒屋でハンバーガーなのか? 土間土間をはじめ、「牛角」や「温野菜」などの居酒屋・レストランチェーンを運営するレインズインターナショナルを取材した。

開店後1時間半で売り切れてしまうことも

まず、気になるバルバーガーの反響については、「10食はあっという間になくなります。開店後1時間半で売り切れてしまったケースもあります」(土間土間ブランドディレクション部、山田英明部長)と、なかなかの人気のようだ。特に4月14日~27日の2週間については、無料キャンペーンを行っていたため、マスコミやSNSでの注目も高まった。

山田部長によると土間土間はレインズインターナショナルが展開するチェーンの中でも、女性を中心とした若い世代がターゲットのブランドだという。

次ページ女性の心理に訴える工夫とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。