「土間土間」バーガーは"非常識の塊"だった

居酒屋ハンバーガーは3種セットで690円!

そのため、1皿当たりの量を少なくするとともに、単価も平均で500円程度と低めに設定。「いろいろな味を少しずつ食べたい」という女性の心理に訴えるメニュー展開を特徴とする。

また、話題性の高いメニューをその都度取り入れ、新しい食スタイルを提案するのも戦略のひとつだ。昨年夏には、ココナッツオイルやチアシードといった、「スーパーフード」のメニューを提供したという。

「シメ」ではなく「まずハンバーガー」

今回も、さっそくグルメバーガーブームに乗じて、狙いどおりの反響が得られたといったところだ。ただし予想外のこともあった。最後にシメとして食べるのではなく、最初に食べてからから飲む、というスタイルが目立ったという。もっともこれは、シメの頃になるとバーガーが売り切れてしまっていたからだろう。

「あとは特に男性のお客様から“量が足りない。もっとガッツリ食べたい”という声がありました。また、1人が1つのバーガーを召し上がるのでなく、切り分けてシェアするというケースも多かったようです」(山田部長)

ハンバーガーとの相性を考えて考案されたカクテル各290円。右が赤ワイン&コーラ、左が白ワイ&ジンジャーエール

そのほかハンバーガーとの相性を考えて考案されたカクテルも、サイドメニューとして用意した。ジンジャーエールやコーラをワインとブレンドしたもので、「ハンバーガーと一緒にグビグビッと飲める」という狙いがあった。

フィリングはしっかりめに味つけしているので、ビールとの相性もよい。そのせいか、カクテルよりはやはり、ビールとともに楽しむ人が多かったという。

「試作の際に社内での評判がよかったのは、実はフォカッチャバーガーです。ローストポークの甘辛い味がビールにとても合います」(山田部長)

それにしても、居酒屋でハンバーガーを提供するには、食材の仕入れから調理といったオペレーション面でさまざまな課題があったのではないだろうか。だが、山田部長によると、「ハンバーガーは工数が多いので最初は苦労しましたが、もうスタッフも慣れてきて、スピードが上がっています」。

工数が多いうえ、ロブスターの爪を丸ごと使っているなど、原価も高い。3つで690円という価格では「儲けがない」というのが本音だそうだ。ただしバルバーガーは、“お客にとっての体験価値を高めること”が目的のメニューだという。

次ページ“体験価値を高める”メニューとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。