超人気「シェイクシャック」、今後の出店は?

恵比寿にオープンした2号店も好調

4月15日にオープンした2号店は「恵比寿駅前」という好立地だ

ニューヨーク発のハンバーガー店「シェイクシャック」が日本に上陸して半年。1号店は、ニューヨークのオリジナル店の雰囲気を伝える、緑豊かで閑静な外苑前。対して4月15日に恵比寿にオープンした2号店では、エントランスが道に面しているとはいえ、駅直結のビルという立地を選んだ。

その理由について、日本での運営を担うサザビーリーグの角田良太社長は次のように語る。「日本での1号店はマディソンスクエアパーク内にあるオリジナル店舗(2004年に開業)の雰囲気を踏襲し、シェイクシャックのイメージを強く印象づけるものにしたが、2号店では客層がより幅広い駅ビル、そして地域としての歴史も長い恵比寿という土地を選んだ」(角田社長)。

毎日、開店1時間以上前から並ぶ

初シェイクシャックならこれ!「ShackBurger」680円

外苑前はアクセス的にはやや不便で、近くに繁華街もない。集客面で不利と思えたが、ふたを開けてみれば、いまだに行列が絶えないほどの人気ぶりである。100人余りの行列は珍しくない光景で、週末ともなればオープンの1時間以上前に並び始める客も。

「新しいものが好きで、“並んでも食べたい”と考えるのは日本のお客様の特徴。ただし外苑前について、オープン当初と同様の状態が続いているのは予想外だった。冬期は行列がなくなるだろうとみていた」(角田社長)。

1号店に行く客は、ほとんどが「シェイクシャックに行きたい」という目的来店の客。周囲に飲食店がないから、他店へ行くという選択肢があらかじめないわけだ。地方からの客も多い。

次ページ対して、2号店の客は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。