福岡「親不孝通り」の喫茶店が40年続く理由

カフェチェーンの激戦地で提供する「価値」

屋根裏部屋を思わせる店内で、多くの表現者たちとの絆や、福岡の現代アート事情、時代や街並みの変化…などを語る小田夫妻

満さんによると、店は開店当時、「現代美術のギャラリーとしても、喫茶店業界としても最先端だった」という。

木の“宝箱”は、米国の人気ロックバンド「エアロスミス」が75年リリースしたアルバム「闇夜のヘヴィ・ロック(Toys in the Attic)」のレコードジャケットがヒントになった。元来、2人ともジャズ好きなのだが、満さんが学生から薦められたアルバムを聴いて決めた。「ジャケットも音楽もハイセンス。ビビッと来たね」。そして、ホールの丸テーブル。当時の福岡では珍しく、同業者がお忍びで視察に来ていた。

「屋根裏 貘」入り口付近の「親富孝通り」の界隈。時代とともに街並みが変わる中、店の表情は開店時から変わらないという

「なのに最近、一見の若い女性客から『すごく昭和ですね』って、何だか時代遅れみたいな感じで言われて。うちだけ時間が止まってるのかなあ」と満さん。律子さんは「それがよかったのかもしれない」と言う。

「居場所は変わっちゃいかんよね」

丁寧に一杯立てのコーヒーを入れる小田律子さん。コーヒーの香りが漂う中、優しいジャズと落ち着いた空間で客をもてなす

ギャラリーへの来場客の多くは、店で作家を囲んで感想を語り合ったり、展示方法の打ち合わせに加わったりしていた。そのネットワークが店を支えてきた。

「それぞれが自分の居場所にしてくれた。店の外はすごいスピードで移り変わったけど、居場所は変わっちゃいかんよね。まだまだ店は閉められん」

律子さんが入れるコーヒーの深い味もまた、変わらない。

福岡市は人口150万人を超え、都市化が進む。「貘」のような個人経営の店は数少なくなったが、探せばまだ残っている。店主と語りながらカウンターで静かに飲むコーヒーは、世事を忘れさせてくれる至福の一杯だ。

(文:木村貴之)

qBiz 西日本新聞経済電子版の関連記事
「地元愛強すぎ」「修羅の国」… 福岡評 ネットに本音!? 移住1年半の記者が迫った
福岡ライフを“ディープ”にするバー 銀座常連も満足の実力
橋本環奈や西内まりや…福岡が「美人の宝庫」と称賛されるワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング