トランプ・プーチン、関係親密化は容易でない

世界で矛盾が露呈、両超大国の抱える「火種」

トランプ・米次期大統領(左)はプーチン・ロシア大統領(右)に秋波を送るが、現実の国際政治では米ロが対立する問題も多い(写真:ゲッティ=共同)

2018年1月から始動するトランプ米新政権の外交政策はどうなるのか。これまでトランプ次期大統領は公職に就いた経験がない。しかも選挙期間中から、諸外国をやり玉に挙げる発言を繰り返したので、新政権の外交を懸念している人は少なくない。

まず中国との関係では、台湾に接近したことで、中国との摩擦が増えることがはっきりしてきた。一方、ロシアとの関係は、改善する気配が出てきたという見方もあるものの、実際には複雑だ。そして、米国と中国、米国とロシアの関係は、どちらも日本に強いかかわりがある。

台湾に接近、中国の神経を逆なで

大統領選挙の期間中、トランプ氏は、「米国は日本を防衛することになっているのに、日本が果たしている義務はあまりに小さい。財政負担も少なすぎる」と主張してきた。そのため、中国が漁夫の利を得る、とする見方もあったくらいだった。

しかし、トランプ氏と台湾の蔡英文総統との電話会談、および、その後の「米国はなぜ一つの中国に縛られなければならないのかわからない」という発言(12月11日のFOXテレビ)がきっかけとなり、トランプ氏の姿勢が明確になってきた。米中間では今後、摩擦が増大するだろう。

電話会談については、トランプ氏がまだ大統領就任以前だし、儀礼的なことなので、米国政府の対中政策は変わらないと説明するのは、さほど困難でない。が、「一つの中国に縛られない」という発言は、中国にとって深刻な問題である。「一つの中国」は、中国が「核心的」とみなす重要問題だが、台湾の蔡総統は同調しないので、中国はあらゆる手を使って働きかけ、その原則を認めさせようとしている。中国と台湾がつばぜり合いをしている中、トランプ氏が縛られないと発言するのは、台湾に味方することになる。

次ページプーチンをたたえ、連絡取り合う仲だが
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT