トランプ相場がこれから崩れる「4つの理由」

金融業界は「カミカゼ」を欲していただけだ

上昇相場はいったん終了するのか。「その時」はいつやってくるのだろうか。少なくとも「機は熟した」(写真:Atzsuo/PIXTA)

機は熟した。

急上昇している相場は、いよいよ反転を始めるのではないか。

この連載の記事はこちら

今週の13-14日はFOMC(米公開市場委員会、現地時間)、来週(19-20日)は日銀金融政策決定会合。トランプ政権の国務長官もエクソンモービルCEO(最高経営責任者)のティラーソン氏に決まり、すべてが動き出す時が近づいている。ダウは大幅高。ここ数日加速し、出来高も膨らんでいる。円も一段安。日本株も上昇加速。日経平均株価2万円台が見えてきた。この上昇相場が反転する時が、いよいよやってきたと予想する。

「カミカゼ」を欲していた金融業界

なぜか。まず、なぜ、相場は一気にリスクオンとなり、それが加速しているのか。トランプが大統領になったからだ。

ではなぜ、それでリスクオンなのか。皆がそうしたかったからだ。

トランプによる法人税、所得税減税、公共投資、ドル安政策、そして人事からいって金融界が支配する政権、政策になりそうだからだ、ということを指摘する人々が多い。なかでも人事を見ると金融関係者ばかりで「マーケットに都合の良い政策になるのではないか」という期待感が大きく、それが株価などの上昇加速の要因であると人々は言うであろう。

しかし、根底にある理由は「投資家たちがリスクオンにしたくて、うずうずしていたから」だ。

なぜ彼らはリスクオンにしたくてたまらないか。

それはマイナス金利、世界的な低金利となったからだ。運用難で、金融界では運用担当者も、アナリストも大幅なリストラが進んでいる。2008年のリーマンショック後、この流れは変わることはなかったが、今年はそれがさらに加速した。窮地に追い込まれた金融業界は、何かカミカゼが欲しかったのだ。

それがトランプだったのだ。

次ページトランプでも何でもよかった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。