新人が知っておきたい「仕事始め」のお作法

新年の抱負を聞かれたらどう答えるのが吉?

上司であれ、同僚であれ、どちらかといえば保守的で伝統を重んじるタイプの人には「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します」といくのがいい。先に相手にそのような声がけをされたら、迷わず「おめでとうございます。こちらこそ本年もよろしくお願いいたします」と同じ調子で返しておこう。

一方、相手が「おはよう!」のみのいつも通りの挨拶ならば、それに合わせる。もっとも「おはようございます」だけではタンパクすぎるので、「おはようございます。本年もよろしくお願いします」くらいがちょうどいいだろう。

人は自分と似た人間を好むものだ。丁寧に挨拶したなら相手には、同じように返してほしいし、逆にあっさり短く挨拶したい人は、同じくあっさりした対応を返す人に好感を持つ。

それだけに、逆の返し方をしてしまうと、相手への心象がすこぶる悪くなる可能性がある。「なんだ、あいつは俺が丁寧に挨拶しているのに普通に返しやがって」や「生真面目な新年の挨拶を返してきやがった。俺のことを“常識がない”とでも思っているか?」などと、不必要な心の火種を生むことになりかねない。

ちなみに冠婚葬祭業のAさん(44歳)は、「あけましておめでとう」とは言わず、「本年もよろしくお願いします」とひと言添えるという。「喪中の方もいらっしゃる場合がある。だから、誰が相手でも『おめでとう』は付けず、『おはようございます』にプラスして『本年もよろしくお願いいたします』とさらりとご挨拶するようにしています」(Aさん)。どんな相手に対しても「本年もよろしくお願いします」とひと言添えるスタイルが、汎用性が高そうだ。

また、こうした挨拶は、取引先からの電話やメールなどの返答でも基本的には同じだ。仕事初めのときに取引先から電話がかかってきたら「はい。◯○です。(相手が名乗るのを待って)お世話になっております。本年もよろしくお願いいたします」などと添えることを忘れずにしておきたい。

年賀状の返事で「出さなかった理由」を述べるのはNG

基本所作2 年賀状&メールの返信は、速やかに

初出社した机の上、あるいはPCに届いている「年賀状」&「新年の挨拶メール」への対応も、「仕事始め」の日における大切な業務である。

すでにこちらが出している相手ならば問題ないが、思わず失念していた場合は、速やかに返信したい。ここで大事なのは、返信の文章でくどくどと「出すのが遅れた言い訳を書かない」ことだ。いうまでもなく年賀状は本来、1月1日に相手方に着いているのがベスト。もらってから返信するのは、やや気が引けるものだ。

次ページ言い訳を書きたくなるが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT