若手のうちに知りたい「タクシー券」の使い方

余った券を別の日に使ってはいけません

接待などでタクシーチケットを使うケースもあるだろう。その使い方とは? (写真:モハ256 / PIXTA)

忘年会の季節。取引先から接待を受ける人は、もしかすると、「タクシーチケット」をもらうことがあるかもしれない。反対に若手社員などは接待の終わり際に「お客さんにタクシーチケットを渡しておいて」と、上司や先輩から指示されることもあるだろう。

もしものときに覚えておきたい「タク券」の使い方

タクシーチケットとは、タクシーの乗車料金を精算できるチケットのことで、「タク券」「タッ券」などとも呼ばれている。かつては、接待した相手に足代を渡す手段として多くの企業で使われていたようだが、最近では経費削減などの流れもあり以前よりも使われなくなった。20代はもちろん、30~40代でも使ったことのない人は多いだろう。

実は、タクシーチケットにはさまざまな種類があり、使い方にも違いがあるため、初めてもらった人は使い方に戸惑うかもしれない。タクシーチケットの基礎知識をご紹介するので、参考にしていただきたい。

次ページ「一括後払い」と「プリペイド」方式がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。