若手のうちに知りたい「タクシー券」の使い方

余った券を別の日に使ってはいけません

接待などでタクシーチケットを使うケースもあるだろう。その使い方とは? (写真:モハ256 / PIXTA)

忘年会の季節。取引先から接待を受ける人は、もしかすると、「タクシーチケット」をもらうことがあるかもしれない。反対に若手社員などは接待の終わり際に「お客さんにタクシーチケットを渡しておいて」と、上司や先輩から指示されることもあるだろう。

もしものときに覚えておきたい「タク券」の使い方

タクシーチケットとは、タクシーの乗車料金を精算できるチケットのことで、「タク券」「タッ券」などとも呼ばれている。かつては、接待した相手に足代を渡す手段として多くの企業で使われていたようだが、最近では経費削減などの流れもあり以前よりも使われなくなった。20代はもちろん、30~40代でも使ったことのない人は多いだろう。

実は、タクシーチケットにはさまざまな種類があり、使い方にも違いがあるため、初めてもらった人は使い方に戸惑うかもしれない。タクシーチケットの基礎知識をご紹介するので、参考にしていただきたい。

次ページ「一括後払い」と「プリペイド」方式がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT