若手のうちに知りたい「タクシー券」の使い方

余った券を別の日に使ってはいけません

接待などでタクシーチケットを使うケースもあるだろう。その使い方とは? (写真:モハ256 / PIXTA)

忘年会の季節。取引先から接待を受ける人は、もしかすると、「タクシーチケット」をもらうことがあるかもしれない。反対に若手社員などは接待の終わり際に「お客さんにタクシーチケットを渡しておいて」と、上司や先輩から指示されることもあるだろう。

もしものときに覚えておきたい「タク券」の使い方

タクシーチケットとは、タクシーの乗車料金を精算できるチケットのことで、「タク券」「タッ券」などとも呼ばれている。かつては、接待した相手に足代を渡す手段として多くの企業で使われていたようだが、最近では経費削減などの流れもあり以前よりも使われなくなった。20代はもちろん、30~40代でも使ったことのない人は多いだろう。

実は、タクシーチケットにはさまざまな種類があり、使い方にも違いがあるため、初めてもらった人は使い方に戸惑うかもしれない。タクシーチケットの基礎知識をご紹介するので、参考にしていただきたい。

次ページ「一括後払い」と「プリペイド」方式がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。