松下幸之助は人口急減への対策を考えていた

経営の神様が考えた200年計画とは?

そうするとやな、山を削って開発整備することによって、国土面積の20%に当たる、7万5000平方キロの有効可住国土が新たにできることになる。そのうえにやね、海を活用することによって、多分、それにだいたい同じぐらいの広さの土地ができる。とすれば、なんと合わせて15万平方キロになるわね。

現在のやな、有効可住国土面積が11万平方キロやから、いまよりも30%も大きい有効可住国土が新たに生まれてくるわけや。いわば国土が倍以上になる。ここから生まれてくる効果ははかりしれないものがあるわな。こういうことを日本は考えんといかん。

いまの若い政治家たちに実行してもらいたいこと

けど、この考え方を5年や10年でやろうということやないで。そんなに簡単にできるものではないわな。

自然の一部を変化させるわけやから、衆知を集めて十分に調査もせんといかんし、研究もせんといかん。まあ、計画立案までに25年はかけんといかんやろうね。それで全体としては200年かけて、取り組むと。そや。それぐらいかけんといかん。

きみの言うように、早くやったらいいということも考えられるけどな、これをやるときに犠牲を出したらあかんのや。そのためには二世紀という時間が必要やな。

十分に調査研究したと。だから大丈夫だとは必ずしも言えんわね。人間のやることである以上100%完全というわけにはいかん面がある。計画を実行していく過程で、予想もせんような問題が発見されるということも出てくる。そういうものは、もしこれが短時間で一気にやっていっておれば、気がついたときには手遅れで、取り返しがつかないということも出てくるわな。まあ、そうではなくてもそれを解消するのに非常に時間と費用がかかるということになる。

けど、200年もかければ、そういう問題に十分対処できる時間的ゆとりもあるわね。それにその問題を解決するたびに、その経験が後に生かせるからな。時とともにこの計画がスムーズに運び、好ましい成果がうまれることになるな。

税金も土地も将来日本にとって大きな問題になるよ。問題が起こるたびに、その折々の解決策をとっても、いつまでもくり返されるな。ただ単にくり返すだけならばええが、だんだんと事態は深刻になって、ついには日本は滅亡するということにもなりかねん。というのはな、この問題はただこの問題で終わるだけではなく、国民の心をむしばむようになるんやね。この2つの問題はいまのうちに根本的に考えて、抜本的解決策をとらんといかんな。だから、わしが言うような対応をせんといかんわけや。

しかも100年とか200年ということになれば、今後相当長期にわたって国民共通の一大目標にもなる。

まあ、このような考えの是非はともかく、われわれの後に続く世代をより好ましい姿にしていこうという夢と希望に満ちた、無税国家と国土創成に取り組むべきやと思う。わしはな、いまの若い政治家たちに、この考えをぜひ実行してもらいたいと思うんや。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。