「就業不能保険」とは、どのような保険なのか

長期の休業リスクに備えて検討の余地あり

長期間の就業不能状態に備える保険には入っておいたほうがいいでしょうか?(写真:Ushico / PIXTA)

「短期間の入院などはそんなに怖くありませんが、何カ月も仕事を休まなくてはいけないような病気をした時のために、保険に入っておかなくてもいいのでしょうか」

この連載の一覧はこちら

こんな質問を一般の方から頂くことが増えています。夏以降、病気やケガで長期間働けなくなった時の収入を補てんする保険を販売する会社が増えたからでしょう。

2016年に発売された商品を発売順に挙げると、「働けなくなったときの保険」(太陽生命)、「働く人への保険2」(ライフネット生命)、「給与サポート保険」(アフラック)、「くらすプラス」(チューリッヒ生命)といったところ。これらは、いずれも検討に値するものだと思います。

在宅療養が10年続いたら・・・

アフラックのパンフレットにある事例を見てみましょう。43歳の会社員の方がくも膜下出血で倒れ6カ月入院し、1年後に退職し在宅療養が10年続いているというケースです。

健康時の平均月収35万円に対し、健康保険から「傷病手当金」月額約22万円が最長で1年6カ月支払われ、在宅療養中に障害等級2級に認定されたことから、傷病手当金の支給終了後も障害年金が毎月約12万円支払われることが伝えられています。

療養中は、たとえば交際費などの出費は減るでしょう。しかし、ローンの支払いや子供の教育費などはどうするのかと想像すると、公的な制度からの給付金に加えて、民間の保険商品による保障が必要になる人もいると考えられます。

次ページ「保険金がもらいにくい」ことは悪いことではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT