配偶者控除「103万円の壁」が崩れる巨大衝撃

「働けるが働かない女性」を減税で動かせるか

配偶者控除の見直しで、”働けるが働かない”主婦たちは動くのか(写真:Graphs / PIXTA)

「配偶者控除」見直しの議論が大詰めを迎えている。

自由民主党税制調査会では今、パート主婦が年間の収入「103万円」を超えても働きやすくなるよう、配偶者控除を適用される条件について、現状の103万円から引き上げる議論が続いている。人口減による人手不足感が高まる中、また、共働き世帯数が専業主婦世帯数を上回る中、税のみならず、社会全体が変化を求められていることを反映した動きだ。

配偶者控除とは、配偶者(たとえば妻)の収入が103万円以下の場合、世帯主(たとえば夫)の給与所得から38万円を引き、世帯主の納税額を少なくするという仕組みである。そもそもが、夫が妻を養っていることに配慮するとともに、妻の内助の功に報いるためにできたもの。ただ、妻がパートで働く場合、世帯全体の手取り額が減るのを防ごうと、自らの収入を103万円以下に抑えようとしてしまう。これが税における「103万円の壁」とされ、女性の社会進出を阻む原因とされてきた。

なぜ103万円以下に抑えようとするか

改めて配偶者控除の抱える問題点を確認すると、①就労の壁、②公平性、③高所得者優遇が挙げられる。ここでは、労働力不足で最大の問題とされている、配偶者自身が感じる就労の壁について説明したい。

パート主婦にとって働く意欲の障害となっている理由は、「世帯主の手取り減少」、「配偶者への課税」、「配偶者手当の停止」の3つだ。配偶者の収入が103万円を超えると、世帯主の手取り額が減少するばかりでなく、配偶者本人にも課税が始まることになる。後述するが、現在およそ7割の企業で導入されている配偶者手当でも、配偶者の収入が103万円を超えると、支給要件を欠いてしまうことが多いのである。

具体的に103万円を超えるとどうなるか。一例を挙げてみたい。

次ページ政府は「150万円」に上限引き上げ?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT