年間250万円給付も!留学奨学金の最新事情

「おカネがないから断念」の前に知識をつけよ

おカネがないからといって、留学をあきらめてはいけません(写真は「トビタテ留学JAPAN!」の壮行会)

大学生が海外留学をあきらめる理由として、1番多いのは、何だと思いますか?

不動の1位が、「留学費用を工面できない」ことです。少し古いデータではありますが、ベネッセホールディングスが大学の英語教員を対象に行った調査(「大学における英語教育の改革等に関する調査」ベネッセ教育研究開発センター(現ベネッセ教育総合研究所) 2009年)によれば、全体の59.7%が「経済的な問題で留学を諦める学生がいる」と回答しています。

筆者も、これまで多くの留学希望者と接してきた中で、なるべく安く行きたいという相談を多く受けてきました。そこで今回は、予算が少なくても留学をあきらめなくてすむ、魅力的な奨学金制度についてご紹介します。

1年間の留学で300~400万円かかるのが普通

まず、留学にかかる費用を試算してみましょう。大学生がアメリカに1年間留学に行くとして、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。まったくの私費留学だと、授業料と滞在費をあわせて、300〜400万円程度が目安です。ただ、授業料は留学先の学校の形態によって大きく異なり、2年制の短期大学であるコミュニティカレッジや州立大学の場合は比較的リーズナブルで年間200~300万程度ですが、私立の総合大学で有名校になると、500万円以上かかることもあります。

ただ、ここでひるんではいけません。奨学金制度をうまく活用すれば、だいぶ負担を軽くすることができます。

次ページ授業料が全額免除?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT