「嫌われ者」の状況を変えねば仕事は進まない

「いちいちモメる」日々を変える3つのヒント

こんにちは。これまた通りがかりの外資系OLずんずんです。

なになに、相談者様は新規事業の立ち上げでお悩みとのことで、

頭髪が薄いだけでなく、人望も薄いとは……。

今まで歩んできた人生の厳しさが毛根にも響いてしまったのかと、通りがかりのOL、目頭を押さえる思いです。

ちなみに欧米では薄毛はセクシーさの現れなので安心してください。

「人間性=仕事の能力」ではないが……

外資系OLずんずんさんの新連載です!連載の一覧はこちら

さてはて、品性に問題があるような人間は新しいことなどやるべきではないのでしょうか?という悲しいご相談ですが、私はそんなことはないと思います。

人間性=仕事の能力

ではないので、どんなにアレでナニな人間性でも、仕事ができれば個人的には問題ないと思っています。

しかし、多くの人は人間性をこの仕事の能力に含めてしまっている場合が多く、実際、職場では人間性の高さで評価されることがほとんどですよね。

しかも、この相談者様は、

「『お前の態度が気に入らない』という理由で処理を後回しにされてしまい、こちらはこちらでぶち切れてしまうことも増えました。」

とのことで、もはや仕事に支障が出てきてしまっており、自分で敵を作っていくタイプと見受けられました。自分で敵を作っていくタイプってなんなの?マゾなの?としか言いようがありません。

こういったように、社内で対立しがちな人はいったいどうしたらいいでしょうか。

円滑に仕事を進め、新規事業で大躍進、傾いた会社を垂直に戻して、毛根も活性化させるためにここは、血の涙を流しながら社内の人間関係を改善するしかないでしょう。

そのためにはどうすればいいかといいますと、あっと驚き☆たった3つのステップで劇的に社内の人間関係が改善されるかと思います。

次ページ解決の3ステップ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT