「嫌われ者」の状況を変えねば仕事は進まない

「いちいちモメる」日々を変える3つのヒント

1.社内顧客リストを作る

まずは自分の顧客リストを作ってみましょう。

顧客と言っても、この場合は外部のお客さんを指しているわけではありません。自分が社内で関わり、自分に何らかのサービスを提供している人・部署を指します。

おカネをもらっているからお客さんということではなく、こちらが相手からサービスを受けているからお客さん、といった風に考え方を変えてみてください。相談者様の場合は、社内のバックオフィスや営業部門が自分のお客さんということになります。

このように相手がお客さんと考えると、ブチ切れるなんて言語道断、切腹・打ち首ものですよね。社外のお客さんの場合だったら、お客さんが喜ぶことをしなければおカネはもらえません。社内の人もお客さんと考えることで、次の相手が喜ぶことは何か?を考えるきっかけにしましょう。

謙虚さをもって臨む

2.お客さんの好みを知る

社内顧客リストができたら、このお客さんたちが喜ぶことは何だろう?と考えてみてください。喜ぶこととは、つまりは相手の好みです。

好みとは、

・話しかけていい時間帯(大体人間は、朝は機嫌が悪いものです)
・話しかける声のトーン(高圧的な声だと相手はとっさに攻撃的になります)
・好みの説明の仕方(説明を聞くのが好きなのか、はたまたメールや文章での説明を読むのが好きなのか)

と言った、細かい人間の機微のことを言います。

もちろん、忙しい中、新しい仕事を振ってくる人が好かれるわけがありません。なので、靴の裏もなめる卑屈さ、いや、謙虚さをもって臨まなければいけません。

3.自己分析をする

『エリートに負けない仕事術』ずんずんさんの近著。(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

顧客リストもできて、相手の好みも押さえたなら、今度は自分自身について分析してみてください。なぜ、あの人は何度も説明してもわかってくれないのか?ではなく、なぜ自分の説明は通じないのか?といったように、外部要因ではなく、自分自身の内部要因を見つめ直してみてください。

人は鏡です。「物分かりが悪い」と思っている相手の姿は、実は自分自身の姿なのかもしれません。

社長が承認したという権力を得たとしても、人というものは指示しただけではなかなか動きません。ビックなことをするチャンスを得たのですから、人間的にもビックになるチャンスだと考えて、ぜひ頑張ってみてくださいね。

といったところで今日は失礼します☆彡 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT