名画で味わう!夏目漱石のうんちく

『坊ちゃん』『三四郎』に出てくる、名画たち

ヴォラプチュアス!

次の『三四郎』にも西洋の絵画が登場する。九州から上京して大学に入学した三四郎は美禰子に心を奪われ、彼女のあいまいな態度に翻弄される。三四郎が美禰子のイメージを重ねたのがフランスの画家グルーズの絵だった。

「グルーズは色っぽい少女の絵を専門に描きました。ロンドンの美術館に今もたくさん並んでいます。漱石もそれを見て感じるものがあったのでしょう。美禰子のキャラクターを作るときに思い出したのだと思います」と古田さんは語る。

ジャン=バティスト・グルーズ『少女の頭部像』
18世紀後半 油彩・カンヴァス 
ヤマザキマザック美術館
2、3日前、三四郎は美学の教師からグルーズの画を見せてもらった。そのとき、美学の教師が、この人の描いた女の肖像は、ことごとくヴォラプチュアスな表情に富んでいると説明した。
ヴォラプチュアス!池の女のこの時の眼付を掲揚するには、これより外に言葉がない。そうして正しく官能に訴えている。けれども官能の骨を透して髄に徹する訴え方である。甘いものに堪え得る程度を超えて、烈しい刺激と変ずる訴え方である。甘いといわんよりは苦痛である。卑しく媚びるのとは無論違う。見られるものの方が是非媚びたくなるほどに残酷な眼付である。――『三四郎』より

「“官能に訴えているけど卑しく媚びるのとは違う”とは、どんな感じ?と思いますよね。実際に絵を見ると、漱石はこういう絵を見てこう書いたのかと、彼の頭の中を見る楽しさがあります」と古田さん。

次ページマーメイド!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。