名画で味わう!夏目漱石のうんちく

『坊ちゃん』『三四郎』に出てくる、名画たち

『草枕』に登場する、『鶴の図』

漱石は西洋の絵画だけではなく、子供の頃には家にあった日本の書画にも親しんでいた。『草枕』には、現在も人気の高い伊藤若冲の作品が登場する。

床にかかっている若冲の鶴の図が目につく。これは商売柄だけに、部屋に這入った時、既に逸品と認めた。若冲の図は大抵精緻な彩色ものが多いが、この鶴は世間に気兼ねなしの一筆がきで、一本足ですらりと立った上に、卵形の胴がふわっと乗っかっている様子は、甚だわが意を得て、飄逸の趣は、長い嘴のさきまで籠っている。――『草枕』より
伊藤若冲『梅と鶴』江戸時代(18世紀)紙本墨画

「これも小説世界に具体的で視覚的なイメージを盛り込んでいます。漱石にとって若冲は気になる画家の一人でした。筆の赴くまま、水墨の勢いに任せて一気に描いている。若冲にはもっと派手な絵もありますが、漱石が好んだ若冲がここに集約されています」

次ページ必死感がにじみ出る?漱石自筆の絵
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT