名画で味わう!夏目漱石のうんちく

『坊ちゃん』『三四郎』に出てくる、名画たち

『草枕』に登場する、『鶴の図』

漱石は西洋の絵画だけではなく、子供の頃には家にあった日本の書画にも親しんでいた。『草枕』には、現在も人気の高い伊藤若冲の作品が登場する。

床にかかっている若冲の鶴の図が目につく。これは商売柄だけに、部屋に這入った時、既に逸品と認めた。若冲の図は大抵精緻な彩色ものが多いが、この鶴は世間に気兼ねなしの一筆がきで、一本足ですらりと立った上に、卵形の胴がふわっと乗っかっている様子は、甚だわが意を得て、飄逸の趣は、長い嘴のさきまで籠っている。――『草枕』より
伊藤若冲『梅と鶴』江戸時代(18世紀)紙本墨画

「これも小説世界に具体的で視覚的なイメージを盛り込んでいます。漱石にとって若冲は気になる画家の一人でした。筆の赴くまま、水墨の勢いに任せて一気に描いている。若冲にはもっと派手な絵もありますが、漱石が好んだ若冲がここに集約されています」

次ページ必死感がにじみ出る?漱石自筆の絵
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。