若者と芸術をつなぐ、能楽界のネットワーカー

新世代リーダー 塩津圭介 喜多流シテ方能楽師

塩津 圭介
喜多流シテ方能楽師
塩津 圭介
喜多流能楽師。1984年、東京生まれ。2008年、東京学芸大学教育学部卒業。3歳2カ月で初舞台を飾って以来、数多くの演目で活躍。1997年、祖父・塩津清人記念能舞台落成能にて初シテをつとめる。2000年、喜多流青年能にツレとしてデビュー。2004年には仲間とともに『若者能』を立ち上げる。自らの芸をひたむきに磨く一方で、広報活動や一般へのレッスンなども積極的に実施し、能の普及に尽力する。

「能」。その言葉から、私たちはどのような世界を思い浮かべるだろうか。朗々と響く謡(うたい)、水鳥のごとき摺(す)り足、そして、無表情に虚空を見つめる静謐な面(おもて)――。わが国が世界に誇るこの唯一無二の伝統芸能は、700年を超える長い年月、「日本人の魂の核」ともいえる大切な要素を、営々と伝え続けてきた。一方で、多くの現代人にとっては、さまざまなアートの中でも、とりわけ「高尚すぎる」「理解が難しい」と敬遠されがちなジャンルでもある。

能という芸術が持っている魅力と可能性、そして、課題。そのすべてを冷静に見つめ、受け入れながら、次世代に向かって新しい世界を切り開こうとしているのが、塩津圭介氏。江戸時代初期、二代将軍徳川秀忠の援護の下に創設された『喜多流』の若き旗手だ。父は、紫綬褒章の受章者にして、重要無形文化財総合指定を受ける塩津哲生氏。質実な力強さを持ち味とする喜多流において、主役を演ずる「シテ方」と呼ばれる役割を継承している塩津家の、三代目を継ぐ若き能楽師である。

父の舞台に立ちこめた“気”を体感、伝統の継承者へ

「初舞台に上がったのは、3歳と2カ月のときです。しかし、成長した私に、父は能楽の道を強要しませんでした。“自分自身で納得のできる仕事を選べ”と言ってくれたのです」

伝統の継承者たるべき長男に生まれながら、父が与えてくれた職業選択の自由。同時に、目の前に立ちはだかる「遺産」の大きさ、受け継ぐべきものの重さ――。若い圭介氏の心は乱れ、しばらくは進むべき道を見定めることができなかったという。

次ページ能楽の道を目指した瞬間とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT