若者と芸術をつなぐ、能楽界のネットワーカー

新世代リーダー 塩津圭介 喜多流シテ方能楽師

能を、過去と未来をつなぐ「交流の磁場」へ

「塩津家は、駅伝チームのようなものです。大正から昭和にかけての区間を走り抜けた祖父と、昭和から平成へと、今も全力疾走を続ける父。その父からタスキを受け取り、次の時代へとしっかり引き継ぐのが自分の役目です」

和の文化そのものが急速に失われつつある現代。この特殊な「区間」は、走者にとって決してたやすい道ではないだろう。変化の荒波にもまれる「今」を生き抜き、能の伝統とその本質を次代につないでいくためには、芸の道を極めながらも、広く社会全体に向けて開かれた「扉」としての役割をも果たしていかねばならない。

「能楽堂がいい意味でのサロンになれば、と願っているんです。若い世代はネットに依存していて、リアルな交流の場が少ない。普段は出会わない異なる世代が出会い、接点のない人同士が交歓するような、そんな“架け橋”になれればうれしいと思っています」

かつては神に捧げられた能楽。それは、高い精神性によって「異界と現世をつなぐ」という希有な芸能である。緊張感あふれるその芸術スタイルは、やがて、武家の庇護の下で大輪の華を咲かせ、国境を越えてさまざまな国の知識人たちをも魅了していった。そして今や、スピードと変化に倦み疲れた現代人のために、「世代を超えた交流の磁場」へと変容しつつあるようだ。

「偉大なる父」から、約半世紀も後に生まれた若き継承者――。真っすぐな目をした、清々しい青年の肩にかかる社会的な役割は、かつてないほど大きく、深い。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT