名画で味わう!夏目漱石のうんちく

『坊ちゃん』『三四郎』に出てくる、名画たち

三四郎と美禰子が見た「人魚」

お次もわざわざロンドンから借りてきた作品だ。ウォーターハウスという画家による人魚の絵である。

ジャン=バティスト・グルーズ『少女の頭部像』
18世紀後半 油彩・カンヴァス 
ヤマザキマザック美術館
「ちょっと御覧なさい」と美禰子が小さな声でいう。三四郎は及び腰になって、画帖の上へ顔を出した。美禰子の髪で香水の匂がする。
画はマーメイドの図である。裸体の女の濃しから下が魚になって、魚の胴が、ぐるりと腰を廻って、向う側に尾だけ出ている。女は長い髪を櫛で梳きながら、梳き余ったのを手に受けながら、こっちを向いている。背景は比類海である。
「人魚(マーメイド)」
「人魚(マーメイド)」
頭を摺り付けた二人は同じ事をささやいた。――『三四郎』より

「漱石は研究のために絵を見るというより、色っぽいとかカッコいいとか、普通の人の感覚で見ています。ただ、絵を見ることは誰でもできるけれど、そのイメージを小説の中に言葉で効果的に取り込むことは、そうはできません。そこが文豪たるゆえんです。そうとう細かいところまで具体的なイメージを持って書いていることがわかります」

次ページ『草枕』の鶴
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。