野球選手に学ぶ、"オリジナル技"の開発法

潮崎哲也はなぜ魔球シンカーを習得できたのか?

その子のレベルまで行かせてあげたい

目標を明確に定め、ゴールに到達するまでの道を探っていく。逆算のイメージで“魔球”を習得した潮崎は現在、同じような考え方で若手投手を鍛えている。

今季の西武には、育成選手を含め34人の投手が在籍している。潮崎が念頭に置いているのは、彼らの能力は千差万別であるということだ。

「プロ野球に入ってきても、『この子は1軍に行けるかな?』という子もいるんです。もちろん『こいつはすごいな』というピッチャーもいる。だから、その子のレベルに合ったところまではちゃんと行かせてやりたい。『将来は先発ローテーションに入るピッチャーやな』と思えば、ローテーションまで行かせてあげる。『そこまで行くピッチャーじゃない』と思えば、何とか1軍に入れるようなピッチャーにしたい」

現在、潮崎が面白い変化球を投げると思う若手のひとりが、2012年ドラフト5位で光南高校から入団した佐藤勇だ。

「左からいいチェンジアップを投げますよ。ストレートとの連動性がないから、まだダメですけどね。ストレートと見間違うような腕の振りやボールの軌道にできたら、いい球になると思います。今は大したことないですよ。でも、可能性はある。真っすぐが速いわけではないけど、落ち着きやプレートさばきという部分でピッチャーとしての雰囲気を持っている。先発として伸ばしてあげたいタイプのピッチャーですね」

人の能力には限界がある。一方で「適材適所」と言われるように、適した場所に配置してやれば、持てる能力を存分に発揮できる確率が高くなる。そう考えると、選手の可能性を最大限に引き出してあげるのが指導者に求められる役割だ。

シンカーという“魔球”でトップに登り詰めた潮崎は、現実を冷静に見つめつつ、人の可能性を信じながら明日の戦力を育てている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。