野球選手に学ぶ、"オリジナル技"の開発法

潮崎哲也はなぜ魔球シンカーを習得できたのか?

だが、高校3年春に高松西高校と行った練習試合が分岐点となる。相手は小柄な投手で、特筆すべきスピードボールを投げていたわけではないが、サイドスローからのシンカーで内野ゴロの山を築いた。その姿を見た監督が、「お前も同じようなタイプだから、シンカーを投げろ」と潮崎に命じた。それから1、2カ月後、すぐに“魔球”を習得できたという。

「魔球と言うと、『開発に何年もかかって、ようやく試合に使えるようになった』という話をよく聞きますよね。僕にはそんな開発秘話はありません(笑)。コントロールも右バッターの膝元ばかりにいくような感じで。それまでは2番手投手だったのが、急に打たれなくなりました」

高校卒業後に松下電器へ進むと、ストレートの球速が10〜15km速くなった。150km近くのストレートとシンカーのコンビネーションで頭角を現し、19歳で出場した1988年のソウル五輪では銀メダル獲得に貢献する。89年ドラフト1位で西武に入団すると、抜群の勝負度胸でチームを何度も勝利に導いた。入団1年目の日本シリーズでは巨人と対戦し、3勝0敗で迎えた第4戦では7回から登板。最終回、駒田徳広をシンカーでピッチャーゴロに打ち取り、胴上げ投手になった。

考え方ひとつで、どうにもなる

宝刀のシンカーで打者をきりきり舞いさせる潮崎を見て、投げ方を教わりにきた投手は少なくなかったという。惜しまずにボールの握り方を教えたが、彼のようなシンカーを投げる者は現れなかった。潮崎のように薬指の柔らかさを持つ投手はおらず、ボールをリリースする際にうまく抜くことができないため、回転力を止めてしまうことが理由だった。

しかし、潮崎は「僕のシンカーを投げられなくてもいい」と言う。

2005年、中日から正津英志というサイドスローのピッチャーが西武に移籍してきた。07年から西武の指導者になった潮崎に、正津は「いろいろとマネしてみましたが、潮崎さんのシンカーを投げられませんでした」と言った。正津のシンカーを見ると、潮崎と球の握り方こそ違えども、リリース時にボールを抜く感覚は同じだった。

「僕みたいに薬指で抜くのは難しい。でも小指をどかして抜けるなら、そうやって投げればいい。その感覚自体は同じ。考え方の違いであって、自分に合っている球を操れればいい。僕の握りじゃなかったら絶対にあかんということではなく、似たような球がほうれるなら、どんな握りでもいいと思う。考え方ひとつで、どうにでもなるんじゃないですか」

次ページ潮崎が注目する若手選手
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。